QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2018年11月23日

鹿角の昔を未来に伝える【旧関善酒店】

 こんにちは!
 ふっさんです!

 今年は例年より降雪が遅い鹿角。
 でもだんだんと天気予報にも雪マークがちらほらしてきましたね。雪
とか言ってたら今朝降りましたね笑


 そんな冬の鹿角でオススメな施設が、今日ご紹介する国登録重要文化財「旧関善酒店」です!


 正面


 道路側に雪を落とす屋根(こもせ)は、雪国の商店街では珍しい


 旧関善酒店は、1856(安政)3年~1973(昭和58)年まで続いた造り酒屋です。
 主屋自体は明治時代に建築され、築100年を超えています。

 近代的な商店街のアーケードを抜けて少し歩くと、突然こんな歴史ある建造物が現れるのでびっくりするかもしれません。笑
 毎月3と8のつく日に開催される花輪朝市の会場の起点にもなっています。


 関善から見た朝市

朝市の日は入り口で温かいものを買って中で食べることもできます。

 かつてはこのような建物が商店街に並んでいたということですが、道路の拡幅工事の際にそのほとんどが取り壊されてしまい、今では旧関善酒店と斜め向かいのお宅の2軒だけになってしまいました。
 旧関善酒店は、有志の手によって約4メートル後ろに移動させることで解体を免れたという歴史もあります。


 中に入ると、草木染など地元の伝統工芸品などが販売されているスペースが。
 


 そしてその奥に広がるのは圧巻の吹き抜け構造


 みんなこの角度で撮影するというポイント


 吹き抜けのアップ。職人の技術が光る。
 
 この吹き抜けにもいろいろなお話があるんですが、それはぜひ現地でお聞きください!


 2階は生活スペースで、当時実際に使われていた数々の品物や、写真が並びます。



 名品がずらり


 こちらはラッコの毛皮。なかなか重い。



 これが


 こうなる

 こんな粋な仕掛けがまたお洒落。
 ほかにもちょいちょい「隠れお洒落」があるので探してみてください!


 ちなみに、旧関善酒店では現在お酒の販売はしていませんが、お隣のお店では現在も関さんがお酒を販売していますので、当時の様子を聞きながらお酒を選んでみてもいいかも。


 入館料500円で、希望すれば無料でガイドをしてもらうことも(10人以上は1人400円)。
 時間に合わせた軽妙なトークもぜひ聞いていただきたいところです!


 鹿角の昔を今に伝える貴重な文化財。 
 雪が降るとまた映えること間違いなしですので、ぜひ一度おいでください!
 せばまた!

 【旧関善酒店】
 営業時間:10時~17時
 定休日  :木曜日(3と8のつく日は営業)
  
**************************************
小坂町明治百年通りフォトキャンペーンも実施中!camera
http://www.akitafan.com/archive/events/26687

Facebookページのフォローもお願いします!
https://www.facebook.com/nonbiritankentai/



同じカテゴリー(観光施設)の記事画像
Photogenicな鹿角&小坂魅力発信モニターツアーを実施しました!
「動く」あけぼのに乗りたいなら・・・?【小坂・鉄道まつり2018】
「第2回 ハンドメイドマーケット in ブルートレインあけぼの」が開催されました!
どばんくん2【大湯環状列石】
どばんくん【大湯ストーンサークル館】
あなたはスープ完飲の誘惑に打ち勝てるか【拉麺 大湯縁ヶ輪軒】
同じカテゴリー(観光施設)の記事
 Photogenicな鹿角&小坂魅力発信モニターツアーを実施しました! (2018-11-08 20:07)
 「動く」あけぼのに乗りたいなら・・・?【小坂・鉄道まつり2018】 (2018-10-10 08:00)
 「第2回 ハンドメイドマーケット in ブルートレインあけぼの」が開催されました! (2018-09-29 08:00)
 どばんくん2【大湯環状列石】 (2018-08-17 14:00)
 どばんくん【大湯ストーンサークル館】 (2018-08-16 08:00)
 あなたはスープ完飲の誘惑に打ち勝てるか【拉麺 大湯縁ヶ輪軒】 (2018-07-30 12:00)

Posted by のんびり探検隊3 at 09:00│Comments(2)観光施設文化歴史
この記事へのコメント
旧関善商店。造り酒屋当時の事は良く知っていますね。花輪界隈では良く言われている言葉「おっきかた」と言う呼び方で、それだけ地域の中では色々な諸事関連の取り纏め役の様な立場だった話、聞いています。酒造業も廃業し、都市計画で後退の話が出た際、地主側は当初は「解体も止む無し」だった様でしたが、地元有志の方々が「由緒ある花輪をシンボルを無くしては如何」と言う事で、危機感を持たれ、有志を集めてNPO法人を立ち上げた事は有名な話です。結局、NPO法人で旧関善商店の土地建物を一括管理と言う事になったのでしょうか…。建物一式を移転しながら、所々長年の風雪で傷んでいた建物の箇所を改修し、リニューアルオープンをさせて今日に至っている事は聞きました。現在では花輪地域は元より、鹿角地域全体のシンボル的存在に替わりましたね。時代の流れに沿って、多目的な催し等、様々な用途として、使いこなされている事、非常に有意義な事だと思います。地域の由緒ある良きシンボルを残す事。中々継続して行くには大変なご苦労が有るかも知れませんが、やはり『おらが街のシンボル的存在』と他の地域から訪れて来た方達に自慢出来る様、普段の地元に対する郷土愛とかも必要かも知れませんね。これからも子々孫々由緒あるこの建物末永く残して行って欲しいものです。(^-^)b
Posted by JG7MER / Ackee at 2018年11月26日 09:15
JG7MER / Ackee さま

 コメントありがとうございます!
 現在は関善賑わい屋敷というNPO法人が管理運営を行っております!
 私も花輪で特に驚いたものの一つが関善さんでした!
 先人の想いとともに、これからも伝え続けていきたいですね!

 ふっさん
Posted by のんびり探検隊3のんびり探検隊3 at 2018年11月28日 08:37
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
鹿角の昔を未来に伝える【旧関善酒店】
    コメント(2)