QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2018年09月11日

鹿角居酒屋探訪「登仁角寿司」 【その5】

~ 大好物の“てっさ”と“馬肉煮込み”で、一杯!!


住 所  秋田県鹿角市花輪字下中島73
TEL  0186-22-1119
営業時間 17:00~24:00
定休日  日曜日












 兎に角、入ってみようかな!!そんな感じで、今夜はスタート

 暖簾をくぐると、店内には、男性お客さんがお一人。そして、笑顔で迎えてくれるカウンターの中に立つご主人

 まずは、瓶ビールに「馬肉煮込み」。

 ホロホロほぐれ、甘くない味付けの馬肉は、大好きな類い!!

 それにしても、流れる時間ゆったりと感じられる。ご主人も、ポツリポツリとお話相手をしてくれて、ほっと落ち着く感じ。

 先代大阪で修行し、開業とのこと。それゆえか、「ちり鍋」、「ふぐの唐揚げ」、「てっさ」など、木札のお品書きには、ふぐ料理が並ぶ!!

 鹿角の地酒「千歳盛 生貯(小瓶)」をお願いし、「てっさ(ふぐ刺し)1,000円」(写真)を注文。

 久々のふぐ刺し紅葉おろし薬味を巻いて、ポン酢でいただけば、間違いなく最強の酒肴!!尚且つ、この値段!!

 二代目というご主人の修業先は“六本木”辺りとのこと。なるほど、目元涼しく、語り優しく、“シュッ”としている。

 「いらっしゃい~」ご主人の優しい眼差しの先を振り返ると、小っちゃな女の子を連れたご夫婦が来店。お店の流れる時間が、少しだけリズミカルになる。

 両親に挟まれて、カウンターから、ちょこんとを出しながら、お寿司をつまむ姿が、なんとも可愛らしい!!

 待望の涼風も吹き始め、芋焼酎お湯割りの季節到来。「黒霧島ボトル3,000円」をキープし、「しめ鯖握り2貫」と「カッパ巻き」を注文。

 縄暖簾に惹かれ、覗いてみたら、大好きな“ふぐ料理”と“馬肉”で一杯やれるお店との巡り逢い!!

 どうやら、酒飲みだけは、強運らしい。



 山さん


同じカテゴリー(飲み屋)の記事画像
鹿角居酒屋探訪「銀星」 【その7】
鹿角居酒屋探訪「そらにほし」 【その6】
鹿角居酒屋探訪「幸楽(こうらく)」 【その4】
鹿角居酒屋探訪「福寿司」 【その3】
鹿角居酒屋探訪「わんこや」 【その2】
鹿角居酒屋探訪「一幸(いっこう)」 【その1】
同じカテゴリー(飲み屋)の記事
 鹿角居酒屋探訪「銀星」 【その7】 (2018-10-24 21:03)
 鹿角居酒屋探訪「そらにほし」 【その6】 (2018-10-04 20:41)
 鹿角居酒屋探訪「幸楽(こうらく)」 【その4】 (2018-08-11 12:05)
 鹿角居酒屋探訪「福寿司」 【その3】 (2018-07-15 16:46)
 鹿角居酒屋探訪「わんこや」 【その2】 (2018-06-30 09:58)
 鹿角居酒屋探訪「一幸(いっこう)」 【その1】 (2018-05-12 10:36)

Posted by のんびり探検隊3 at 21:44│Comments(0)飲み屋
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
鹿角居酒屋探訪「登仁角寿司」 【その5】
    コメント(0)