QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2018年08月17日

どばんくん2【大湯環状列石】

 こんにちは!ふっさんです!

 金足農業の試合、大感動でしたね!!!野球ボール
 明日の試合も勝利をつかんでもらいたいです!!!野球バット

 そして、明後日はいよいよ花輪ばやしですね!!!ハッピ
 町全体が盛り上がってきていますよ!!!icon14

 そんなゲキアツな昨今ですが、今日は知的な雰囲気で、前回に引き続き「大湯環状列石」からお届けいたします!

 前回の記事はこちらから。


 大湯ストーンサークル館でばっちり予習をしたところで、いよいよ「大湯環状列石」へ向かいます。

 ところで大湯環状列石は、「特別史跡 大湯環状列石」という名前なのですが、「特別史跡」とは何でしょうか?


 「国宝及び重要文化財指定基準並びに特別史跡名勝天然記念物及び史跡名勝天然記念物指定基準」によれば、特別史跡とは「史跡のうち学術上の価値が特に高く、わが国文化の象徴たるもの」とされています。
 ※ちなみに「史跡」は「我が国の歴史の正しい理解のために欠くことができず、かつ、その遺跡の規模、遺構、出土遺物等において、学術上価値あるもの」で、大きく9つに分類されています。


 基準の名前がまず長すぎるわ!という方のために簡単に言うと、「特別史跡」のすごさレベルは「国宝」と同格!icon12
 すなわち「国」の!「宝」!!!(そのまま)
 現在は62件が登録されていて、姫路城や鹿苑寺(金閣)庭園なんかと並んで「大湯環状列石」は登録されているのです!
 ちなみに、「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成遺跡中、「特別史跡」なのは「大湯環状列石」と「三内丸山遺跡」だけ。


 文字が多い前置きはこのくらいにして、いよいよ環状列石とご対面。
 ちなみに「大湯環状列石」は「野中堂環状列石」「万座環状列石」の二つの環状列石からなる遺跡です。


 こちらが「野中堂環状列石」
どばんくん2【大湯環状列石】
 長いところで直径44m。約2000個の石が並びます。

 こちらが「万座環状列石」
どばんくん2【大湯環状列石】
 長いところで直径52m。約6500個の石が並びます。
 「万座」の方には、復元された掘立柱建物も並んでいます。


 また、「野中堂」、「万座」どちらにも「日時計状組石」があります。
どばんくん2【大湯環状列石】
 こちらは「万座」の「日時計状組石」。

 しかも「野中堂」、「万座」の中心と、2つの「日時計状組石」を結んだ線を伸ばしていくと、夏至の日没地点にたどり着くというのだからあら不思議???
 遠くの川からこんなにたくさんの石を運んできた縄文人。
 いったい何を思っていたんでしょうか。(ロマン)


 こちらは「五本柱建物群」
どばんくん2【大湯環状列石】
 5本の長い木の周りに、短い気が何本も建てられています。
 現在はクマよけの電気柵が張り巡らされているため、五本柱はちょっと遠目に見る感じです。
 

 ボランティアさんによるガイドも無料でお願いできるので、もっと詳しく知りたい方はご利用なさってみてください!


 そしてこちらは「どばんくん型お守り」
どばんくん2【大湯環状列石】

 ストーンサークル館の前身が建てられたときから営業している、「手づくりの店 つえ子」さんで購入することができます。
 ストーンサークル館の駐車場奥にあるお店です。
 お茶の資格を持っているつえ子さん(たぶん)が、抹茶をサービスしてくれます。本物の抹茶はとってもおいしいです!
 これからの時期は鹿角産の果物も販売するようなので、ぜひお立ち寄りください!


 見どころいっぱいの「大湯環状列石」。
 世界遺産に登録されるよう、これからも応援していきましょう!
 せばまた!

------------------------
キャンペーンもまだまだ実施中!

明治百年通りフォトキャンペーン(外部リンク)
大湯・十和田八幡平ぐるっとスタンプラリー(外部リンク)


同じカテゴリー(観光施設)の記事画像
ゴールデンウィークは鉄道であそぼう!
氷爆とあたたかグルメで大湯の冬を満喫!【中滝ふるさと学舎】
「風車の家」に行ってみよう!【中滝ふるさと学舎】
体の芯に、届く。響く。【湯の駅ナイト】
地底の神秘
冬の康楽館に行ってみよう!
同じカテゴリー(観光施設)の記事
 ゴールデンウィークは鉄道であそぼう! (2019-04-24 17:42)
 氷爆とあたたかグルメで大湯の冬を満喫!【中滝ふるさと学舎】 (2019-02-06 09:00)
 「風車の家」に行ってみよう!【中滝ふるさと学舎】 (2019-01-28 12:11)
 体の芯に、届く。響く。【湯の駅ナイト】 (2018-12-24 08:00)
 地底の神秘 (2018-12-20 08:00)
 冬の康楽館に行ってみよう! (2018-12-18 09:18)

Posted by のんびり探検隊3 at 14:00│Comments(2)観光施設歴史
この記事へのコメント
いやぁ~懐かしいですね…ストーンサークル…小学生の時に遠足で初めて訪れました。その時には何がなんだか分かりませんでした。しかし、その後、大舘鳳鳴高校の時に歴史の先生からストーンサークルが縄文時代の貴重な遺跡だと教わりました。偶然ですが凧男が現在住んでいる家の傍に「下野谷遺跡」という縄文遺跡があろ国の史跡にしてされています。縄文時代って平和な時代が1000年近くも続いた日本の歴史の中で最も平和な時代だったのかも知れません。鹿角の実家の畑からも縄文時代の土器の破片がいくつも出てきていました。英国のストーンヘイジの大きさはありませんがストーンサークルがユネスコ指定の遺跡になることを応援しています。
Posted by 凧男 at 2018年08月17日 22:52
凧男 様
 コメントありがとうございます!
 ご実家の畑から土器の破片が出てくるなんて素敵ですね!縄文に思いを馳せることで、現代も少しだけ平和に近づけるのかもしれません。
 国内推薦決定に向け、今後ともどうぞ応援よろしくお願いいたします!
 ふっさん
Posted by のんびり探検隊3のんびり探検隊3 at 2018年08月27日 13:06
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
どばんくん2【大湯環状列石】
    コメント(2)