QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2018年05月17日

ハイカラさんが通りそう【鹿角市歴史民俗資料館】

 こんにちは!ふっさんです!

 
 今回と次回はちょっとアカデミックに、鹿角の歴史を学べる施設をご紹介します!

 第1回目の今回は、花輪商店街から歩いて3分のところにある
 「鹿角市歴史民俗資料館」!!



 この資料館のポイントは、まず外観
 大正5年に建築された旧鹿角郡公会堂を使用していて、モダンな雰囲気がとってもおしゃれです!
 平成28年に改修工事されたばかりなので、歴史的な雰囲気と綺麗さとを兼ね備えた美しい建物となっております!
 私は最初なんの建物かわからず、雰囲気に負けて入りました・・・笑

 
 展示室へ入ると・・・

 どーん!
 


 どどーん!
 



 で、でかい・・・
 花輪を支えてきた商店や鉱山などで実際に使われてきた道具の数々や、
 日本酒を仕込む際に使う2m以上ありそうな道具などなど
 写真では伝わり切れないかもしれませんが、迫力が半端じゃありませんでした!
 上の写真にある看板、なんと「男はつらいよ」に出演経験があるようですよ・・・


 さらに、職人技による草木染の一つ、「紫紺染・茜染」も見ることができます!
 

 (注)写真は鹿角市歴史民俗資料館の許可を受けて掲載しております。


 いろんなイベントも企画されていて楽しそうですね~
 370


 歴史民俗資料館についてはこちらから
 http://www.ink.or.jp/~kazunorekishi/


 大正浪漫を感じるひと時を過ごすことができました~face12
 商店街から気軽に立ち寄れる場所にあって、しかも無料!ぜひ見てみてください!

 せばまた!



同じカテゴリー(文化)の記事画像
夏の終わりを締めくくる【毛馬内盆踊り】
真骨頂は朝方に訪れる【花輪ばやし】
祝!「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界文化遺産推薦候補決定!
新しい図書館のすゝめ【よるとしょ ワーク WORK ワーク】
【告知】「世界遺産について」
隠れたフォトスポット【郷土館の奥】
同じカテゴリー(文化)の記事
 夏の終わりを締めくくる【毛馬内盆踊り】 (2018-08-28 15:30)
 真骨頂は朝方に訪れる【花輪ばやし】 (2018-08-22 17:30)
 祝!「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界文化遺産推薦候補決定! (2018-07-20 12:00)
 新しい図書館のすゝめ【よるとしょ ワーク WORK ワーク】 (2018-07-19 12:00)
 【告知】「世界遺産について」 (2018-06-27 08:00)
 隠れたフォトスポット【郷土館の奥】 (2018-06-12 12:30)

Posted by のんびり探検隊3 at 08:00│Comments(2)文化歴史
この記事へのコメント
鹿角市民俗資料館、これはさすがに知りませんでした。ここに立ち寄ると鹿角地域の全てを知る事が出来る資料がいっぱいありそうですね。(*^▽^*) 『紫紺染』鹿角の伝統的染物ですね。実はこの『紫紺染』ですが、嘗てTBS系のテレビドラマである『水戸黄門』(第34部)の第10話に、登場していますね。まぁ例の悪代官が私腹を肥やしてなんたらかんたらのストーリーから始まって、例の時間帯(20:40)頃には、葵の紋処が登場するパターンですが…。(*^▽^:)実は私事の話になりますが、この第34話のシリーズに、小生の後輩がドラマに出演しました。(第1話から第4話まで)まぁこれは如何でも良い、余計な話になりますが…。f^_^;何せ花輪は、今は秋田県に編入されていますが、元々は旧南部藩の領地でしたし、旧国名も『陸中』です。盛岡藩・南部氏との結び付きが強かった事もこの『紫紺染』を産む、ひとつの証左でしょうね。今度花輪に行ったら資料館見ていたいと思います。(^-^)ノ*

http://www.tbs.co.jp/mito/mito34/2.html
Posted by JG7MER / Ackee at 2018年06月02日 09:24
JG7MER / Ackee様
 コメントありがとうございます!
 紫紺染が水戸黄門出演していたとは・・・
 そして同じく出演していたという後輩様も気になります・・・笑
 すでにご存じかもですが、旧関善酒店さんでは紫紺(紫根)染や茜(赤根)染の詳しいお話を聞けたり、購入もできるので、歴史民俗資料館にお寄りの際は、ぜひそちらもお立ち寄りください!
Posted by のんびり探検隊3のんびり探検隊3 at 2018年06月04日 21:13
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ハイカラさんが通りそう【鹿角市歴史民俗資料館】
    コメント(2)