QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

2020年03月26日

鹿角の桜を動画で発信!

こんにちは!
ふっさんです!

新型コロナウイルス感染症の拡大にともない、お花見などの自粛が続いている昨今。
動画で桜を楽しんでみませんか?

ということで今回は、Visit Kazuno & Kosakaより、 [Sakura](桜)をご紹介します!sakura




こちらの動画は、鹿角地域振興局の若手職員(ふっさんではない)が撮影・編集した動画で、世界に向けて鹿角を発信しよう!という目的で制作されました。
タイトルは英語ですが、字幕等は日本語もあるため、どなたでもお楽しみいただけます!


さて動画ですが、まずは花輪の商店街にほど近い桜山公園からスタート。旧城跡の趣漂うお花見スポットです。
MAP:https://goo.gl/maps/jofXrh1TXyJZPofL6

続いて、米代川河川敷。日帰り温泉「ゆたろう」付近が特にオススメです。鹿角の川の水の透明度もご覧いただきたいです!
MAP:https://goo.gl/maps/Max1Hj8FfuN3abnDA

そして、湯瀬渓谷。撮影地は大地平というところで、湯瀬渓谷沿いの駐車スペースに車を停め、少し森の中を入っていくと現れるという、なかなかの隠れスポットです。
MAP:https://goo.gl/maps/LnscrpJ2Ebk8Ruh7A

そして、小坂町の明治百年通りへ。小坂鉱山事務所や康楽館といったレトロな建物に桜が映えます。
MAP:https://goo.gl/maps/2BdNA3X24a5xupB37

最後に、桜ではなく桃の花を。鹿角市は「北限の桃」という桃の産地で、桃農家さんがたくさんいらっしゃいます。
桃の花の見ごろはほんの2、3日ということですが、とても綺麗な花を咲かせてくれます。
(個人の果樹園のため、マップは掲載しておりません。)


鹿角の桜(一部桃)、いかがでしたか?
テーマは今回ご紹介した[Sakura]以外にも、[Summer Fesival](夏祭り)ハッピや[Onsen](温泉)温泉、[Snow](雪)雪など、様々な季節、ジャンルをご用意しております。

動画はすべて秋田県公式Youtubeチャンネル「akitavision」にアップされていますので、ぜひご覧ください!
https://www.youtube.com/channel/UCZWfiGkHRspD8EoCT09T3mw

せばまた!

  


Posted by のんびり探検隊3 at 11:09Comments(0)自然外国語・インバウンド四季

2020年03月12日

鹿角唯一の酒蔵、千歳盛に潜入!

こんにちは!
ふっさんです!

今回は鹿角地域唯一の酒蔵、千歳盛(チトセザカリ)さんをご紹介します!

※蔵見学は、1~3月の平日午後(事前予約制)です。


千歳盛さんの創業はなんと明治5(1872)年!
140年以上の歴史と伝統をもつ酒蔵です。

蔵が位置するのは、花輪商店街の向かい側。
この地はかつてより雪解け水からなる天然水が豊富に湧き出る地域ということで、酒造りに適しているようです。
蔵のほど近くにある旧関善酒店さんの隣の隣の隣には、地元の方々が利用する共同井戸「おせど」があり、今もコンコンと水が湧き出ています。


そんな酒蔵を案内していただくのは、工藤功一さん

全国きき酒選手権大会で優勝したこともあるという方で、現在千歳盛でお酒をつくっていらっしゃいます。



蔵は珍しい半地下の構造になっていて、だんだん下に降りていきます。







いろいろな大きさのタンクがあります。


発酵中のものも見せていただきました!


耳をすませば、発酵の音が聞こえます。


この機械でこすと、酒粕ができるとのこと。


こういうレトロな雰囲気もたまりません。


こちらは研究室。日本酒度などを調べます。


下りがあれば上りもある。
ちょっと神秘的な帰り道。


最後は、まだ市場に出ていないという2020年の「純米吟醸チトセザカリ」を試飲。
2019年に新発売されたカタカナのチトセザカリ。
今年もおいしく仕上がっておりますface12
大満足の蔵見学でした!


鹿角市外にはあまり出ていないというまさに地元の銘酒。
鹿角市内の飲食店で取り扱っている日本酒はかなりの割合で千歳盛なので、ぜひ鹿角にお越しいただき、味わっていただきたいです!
せばまた!


千歳盛酒造株式会社
【ホームページ(外部リンク)】
https://chitosezakari.jp/
【住所】
鹿角市花輪字中花輪29
【電話番号】
0186-23-2053
【蔵見学】
1~3月の平日午後(※事前予約制)


  


Posted by のんびり探検隊3 at 15:00Comments(0)文化歴史飲み屋

2020年03月03日

石臼挽手打そば洸庵 満月


こんにちは!
ふっさんです!

今日は大湯から、そばの名店をお届けします!
それが、満月さんです!


満月さんは、道の駅おおゆさんから車ですぐの、国道沿いにあります。
上の写真の大きな看板が目印です。



お店の入り口を開けると、おそばの成分表?が。
そばビギナーの私は、そばもブレンドするんだ!とまず驚きです。



そして入店すると、暖炉が!




お店も木がふんだんに使われた、落ち着いた雰囲気です。



豊富なメニューを見ていると、そっと出されるそば茶。
これがとっても優しい味!
こちらは購入もできるようです。

温かいそばにしようか、天丼セットも気になるな、と悩んだ末にチョイスしたのがこちら。

天ざるです!

お分かりいただけますでしょうか。
そうです、もう見た目が美味しいんです!



まずは通ぶってそばだけを一口。
「う、うまい。」
そばってこんな味するんだなと、26年生きてきて初めて気づいた気がします。
ちなみに、薬味の大根おろしは地元の伝統野菜「松館しぼり大根」。
キリッとした辛さが特徴のこいつがまたいい仕事をしているんです。
そばつゆは若干濃いめで、しっかりとそばつゆの味を感じられます。



そして天ぷら。
こちらももちろんサクサクふわふわ。
ネギの天ぷらは初めて食べましたが、美味しいんですね!
塩でもよし、つゆでもよし、非常に悩ましい!


最後はそばつゆ。
私は普段あまりそばつゆを飲まないのですが、今回はいつの間にか完飲しかけておりました!
みなさんご注意を。笑


そして!
お味はもちろんですが、お店の方のおそばの出し方がそっとさりげなくかつ優しく、なんなら「いらっしゃいませ」の時点でいいお店だなという雰囲気を感じることができたりと、心を整えたいときにはぴったりなお店だなと思いました!



満月さんではどぶろくも販売しております!
どうやら、米も含めてオール満月産との情報も。
そば屋のどぶろく、こちらも注目ですね!
せばまた!


石臼挽手打そば洸庵 満月
【営業時間】昼11時~14時くらい、夜18時~20時(冬季は要確認)
【定休日】毎週月曜(月曜が祝日の場合は昼のみ。翌火曜が代休。)
【電話】0186-37-3340

  


Posted by のんびり探検隊3 at 15:55Comments(0)食べ物食堂地元の食材