QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2019年03月04日

鹿角居酒屋探訪「けいらん田中屋」 【その12】

~ 室町時代に遡る鹿角の伝統料理との巡り逢い!!

住 所  鹿角市花輪字上花輪170-2
TEL  0186-23-2255
営業時間 11:00~21:00
定休日  不定休(予約制)












 店名にある“けいらん”。それは、鹿角で室町時代から伝承されている精進料理

 本日は、鹿角の“いにしえ”に思いを馳せつつ、一杯。

 美人の女将さんに、にこやかに迎えられ、奥の小部屋に。

掘り炬燵の和室には、絢爛豪華な着物が飾られ、テーブルには、郷土満載の料理がスタンバイ。

 小雪舞う今宵も、まずは、「瓶ビール600円」。

 元々魚屋さんだったというこちらの料理は、野菜が中心の薄味で、お酒が進むものばかり。お刺身に、カブト焼き、牡蠣の黄身和え、湯葉鍋、などなどなど、これでもかという品数で、7千円(二人分)。

 女将さんが「今日は、鯛一匹をまるまる使ってます。」と説明してくれる。

 熱々の“けいらん”(写真)が運ばれてきたところで、熱燗千歳盛(一合徳利)600円」を注文。

 「今日の“けいらん”は、特別に紅白にしました!!」と出してくれる。

 こし餡クルミ胡椒を包んだお餅に、そうめん舞茸三つ葉が入るお吸い物。上品な出汁甘ピリ辛お餅のコラボは、想像以上にイケる!!

 「椎茸だと、出汁の色が黒くなるので、舞茸に限るの。」という女将さん。確かに、澄んだスープの底の“けいらん”の紅白が見事に映える!!

 3本目熱燗も、そろそろ心許ない分量となり、冷酒「千歳盛 生貯(300ml)800円」をお願いする。

 それにしても、女将さんのお話がとても楽しい!!

 「マインランド尾去沢での出来事」、「先日、旅番組のロケで、女優の中山忍さんが来店されたこと」、「鹿角栄枯盛衰」などなどなど。

 土鍋で炊かれた「鯛めし」のあまりの美味しさに感服しつつ、焼酎お湯割りを所望する。

 お隣で、息子さんカフェ「TANAKAYA」を経営。そこでは、気軽に“けいらん”を単品で味わえる。

 息子さんの趣味のいい絵画や雑貨に囲まれ、ジャズを聴きながらの一杯。これもまた、いとをかし!!

山さん

  


Posted by のんびり探検隊3 at 21:08Comments(0)飲み屋