QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2018年09月29日

「第2回 ハンドメイドマーケット in ブルートレインあけぼの」が開催されました!

 こんにちは!ふっさんです!
 今回は16日に開催された、
 「第2回 ハンドメイドマーケットinブルートレインあけぼの」
 の様子をご紹介します!
 
 ちなみに、今年度最後の第3回ハンドメイドマーケットは10月6日に開催されますよ!

 
 会場のブルートレインあけぼの。


 さて、今回も大盛況のハンドメイドマーケット。
 素敵な商品がずらり並ぶ中で、私はツキノワグマのマグネットを購入!クマ
 
 木登り中な雰囲気でとってもかわいいです。
 たぶん1回目はいなかったんじゃないかなぁ。
 常連のお店も新商品を持ってきてくださていったり、新しく参加するお店もあったりしますので、毎回違う楽しみがあります!

 
 ちゃんと「月の輪」もついてます。三日月
 次回も出品されるかもしれないので、チェックしてみてください!


 
 今回は駅舎の向かいで小坂の特産品販売も!

 
 私はあかしあドーナツ(オレンジ)をいただきました!
 アカシア蜂蜜のお菓子はどれも美味しいのでオススメです!


 当日、たまたまディーゼル機関車運転体験の現場に出会いました!
 
 汽笛を鳴らして煙を吐いて進むディーゼル、とてもカッコよかったです! 
 私も近々チャレンジしてみたいと思います!


 さて冒頭でもお伝えした通り、第3回のハンドメイドマーケットは10月6日に開催されます!
 今年度最後のハンドメイドマーケットですので、ぜひぜひお越しください!

 第3回ハンドメイドマーケットinあけぼの(外部リンク) 

 せばまた!


**************************************
紅葉と温泉キャンペーン開催中!温泉
http://www.ink.or.jp/~kankou18/2018_koyo_cam/index.html

小坂町明治百年通りフォトキャンペーンも実施中!camera
http://www.akitafan.com/archive/events/26687

Facebookページのフォローもお願いします!
https://www.facebook.com/nonbiritankentai/
  


Posted by のんびり探検隊3 at 08:00Comments(0)イベント観光施設

2018年09月28日

地球が生きている音がする【後生掛自然研究路】

 こんにちは!ふっさんです!
 今回は前回に引き続き、後生掛温泉さんからお届けします!

 さて、前回は拙い文章力でお風呂の魅力を伝えようと頑張ったわけですが、今回は温泉周辺の自然研究路についてご紹介いたします!
 こちらはちゃんと写真もありますのでご安心ください笑


 さて、後生掛自然研究路の入り口は、旅館部正面玄関の隣にあります。
 ただ、現在は工事中のようで、5mほどずれたところから入ります。

 
 歩くこと約3分(近い)、開けた景色がこちら。
 

 「え、火事?」

 と見間違えそうな白煙。
 これ、全部湯気なんです。


 湯気に近づくと・・・
 
 地面から湯気が噴き出してる!

 ここは通称「紺屋地獄」。その様子はまさに地獄です(本物見る予定はないけど)。
 鹿角市には様々な自然研究路がありますが、ここ「後生掛自然研究路」の特徴は、火山活動を間近で見られるというところなのです!


 
 こんな感じの灰褐色の沼や川があり、湯気がわいています。


 道の脇でもいたるところに穴があり、「ボコッ ボコッ」と温泉が湧き出ている音が聞こえます。

 

 ちなみにここでちょっと豆知識。
 昔々あるところに、一人の男性がおったそうな。
 男性には妻と愛人がおったそうな。
 ある日愛人は身を引いて紺屋地獄に身を投げたそうな。
 妻もその姿に心を打たれて身を投げたそうな。
 そうして「後生」を「掛」けた二人の女性がいたことから、「後生掛温泉」となったそうな。


 さて、登っていくと分かれ道に到着します。
 ここにある茶屋には名物「黒たまご」があるので是非ご賞味ください。


 左は泥火山、右は大湯沼。


 私は先に泥火山の方へ。
 草木に囲まれた道を歩くこと約10分。
 現れるのは広大な泥沼。

 
 よく見ると至るところで「ポコポコ」言っているのがわかります。
 あの泥湯の源はここにあるんですね。

 
 泥沼付近の川。湯気が出てるのが見えるでしょうか?


 さて、次に向かうは大湯沼
 私が行った9月中旬は、ススキが原になっておりました。


 紺屋地獄よりも穴に近く、音が大きく聞こえます。

 「ああ、地球って生きてるんだなあ」

 と感じる音です。


 両脇に大地を感じる序盤も素敵ですが、真骨頂はやはり後半でしょう。
 

 こちらが大湯沼。
 広大な水面から湧き出る湯気。
 それが風に乗って流れる様は、波のようでもあり、また雲のようでもあります。


 こちらは後生掛自然研究路一の紅葉スポットでもあり、周囲360度の大パノラマが紅葉に包まれるとき、その美しさはいかばかりか、想像もつきません。

 
 ここが一面紅葉するだなんて・・・

 
 以上、温泉もその周囲も大満足な後生掛温泉。
 八幡平温泉郷は、他にも多数の個性的な温泉があります!
 これからの季節は一段とその魅力を増していきますので、ぜひぜひ紅葉と温泉をお楽しみください!
 
 せばまた!




**************************************
紅葉と温泉キャンペーン開催中!温泉
http://www.ink.or.jp/~kankou18/2018_koyo_cam/index.html

小坂町明治百年通りフォトキャンペーンも実施中!camera
http://www.akitafan.com/archive/events/26687

Facebookページのフォローもお願いします!
https://www.facebook.com/nonbiritankentai/
  


Posted by のんびり探検隊3 at 08:00Comments(2)自然温泉四季

2018年09月27日

馬で来て、足駄で帰る、後生掛(ガチ)

こんにちは!ふっさんです!
さて今回は、名湯ぞろいの八幡平温泉郷から、今年100周年を迎えた後生掛温泉さんをご紹介します!♨️
(前回の記事でご紹介した、「泥湯」のある温泉です!)



詳細は下記リンクよりご確認ください!
後生掛温泉(外部リンク)


さて、北島康介と言えば、「何も言えねえ」(超気持ちいい派の方、すみません)
金萬と言えば、「28個食べました」(リコ、おいしい派の方、すみません)
後生掛温泉と言えば、「馬で来て、足駄で帰る、後生掛」
と言うくらいお馴染みのキャッチコピーですが、その名の通り、後生掛温泉はかつてより湯治場として名を馳せてきました。


現在も変わらぬ湯治場であり、オンドル部屋(地熱でじんわりと温かい部屋)で逗留する方も多いようです。
ちなみに、湯治村民になると、お得に宿泊できますよ!



こちらが日帰り入浴玄関。
旅館部の入り口から坂を下りたところにあります。


一浴600円。
私は地元のスーパーでご飯とかをいろいろ買っていたので、プラス400円の休憩所券セットを買いました。(食堂もあります!)


さて、早速入浴ですが、残念ながら撮影禁止(当然)
なので皆さんのイマジネーション頼みで、文章で頑張って説明していきます!


まず、風呂場の扉を開けて、思わず「おお」という言葉が口から漏れます。
そこに広がるのは木の壁、木の天井、木の浴槽。
あらゆる部分が木造で、○と○尋の神隠しもビックリの歴史感です!


かけ湯を浴びて、まずは体を洗おうというところではたと気づくのは、シャワーがないこと。
なんでも温泉の成分でシャワーが故障してしまうため、設置していないとか。
洗面器にお湯をためて、洗います。(シャンプー、ボディーソープはあります)


後生掛温泉の特徴は、温泉の豊富なバリエーションでしょう。
よくポスターとかで見かける箱蒸し風呂をはじめ、火山風呂、泥湯、神経痛風呂、露天風呂、どれもが色が違ったり、ボコボコしてたり、ヌルヌルしてたり、ムシムシしてたり、面白いです。


そしてどれもが丁度いい温度。
長く浸かって体をしっかり癒せます。

一旦あがって休憩所で休み、また入るなんてことも可能。
まさに無限温泉天国。face12


さて、どれほど伝わったことでしょうか・・・
はなはだ不安ですが、それもこれも、やっぱり直接行ってほしいという思いから!()

そしてなんと、後生掛温泉の魅力は温泉だけにあらず!
周辺の散策路もまた素晴らしいのですが、紙幅の都合でそちらはまた次回。
こうご期待ください!

せばまた!


**************************************
紅葉と温泉キャンペーン開催中!温泉
http://www.ink.or.jp/~kankou18/2018_koyo_cam/index.html

小坂町明治百年通りフォトキャンペーンも実施中!camera
http://www.akitafan.com/archive/events/26687

Facebookページのフォローもお願いします!
https://www.facebook.com/nonbiritankentai/  


Posted by のんびり探検隊3 at 12:00Comments(0)温泉

2018年09月26日

ハイウェイフェスタとうほく2018に参加しました!

 ご無沙汰しております!ふっさんです!
 北は小坂から南は仙台まで飛び回っておりました!(狭い)
 
 そんなこんなで今回は、22日・23日に開催されたハイウェイフェスタとうほく2018の様子をお伝えいたします!

 
 そもそも「ハイウェイフェスタとうほく」とは、東北自動車道沿線を中心に、東北6県の様々な自治体が各地の美味しいものや、珍しいものを持ち寄って集まる、NEXCO東日本産の一大イベントです!
 ステージでは各県の伝統芸能などが披露されました!

 
 秋田からは大迫力のなまはげ太鼓


 私たちも鹿角地域の魅力を仙台の皆様にお伝えすべく、出動いたしました!


 我らがんだッチとたんぽこまちちゃんも出動です!


 私たち鹿角地域振興局ブースの目玉はこちら!


 秋田直送の温泉コーナーです!温泉

 手前の檜風呂が、勾当台公園に唐突な温泉情緒を醸し出します・・・face12
 (実は水道水だと言うのは内緒)

 しかし!こちらは本物です!


 奥から
 十和田湖畔温泉郷、十和田プリンスホテルさん
 大湯温泉郷、ホテル鹿角さん
 湯瀬温泉郷、湯瀬ホテルさん
 八幡平温泉郷、後生掛温泉さん

 からそれぞれいただいた温泉です!   
 多くの方が足を止め、説明を聞いてくださいました!
 やはり後生掛温泉さんの泥湯に皆さん驚かれていましたね~


 だがしかし!温泉はやはり見るだけではなく入るもの!
 そんなあなたにオススメなスタンプラリーがただ今絶賛開催中です!
 スタンプラリーについては過去記事をご参照ください!

 

 
 今回はひとまずここでせばまた!
 次回は仙台に持っていった温泉の中から一つ、ご紹介します!

**************************************
紅葉と温泉キャンペーン開催中!温泉
http://www.ink.or.jp/~kankou18/2018_koyo_cam/index.html

小坂町明治百年通りフォトキャンペーンも実施中!camera
http://www.akitafan.com/archive/events/26687

Facebookページのフォローもお願いします!
https://www.facebook.com/nonbiritankentai/  


Posted by のんびり探検隊3 at 17:49Comments(0)イベント

2018年09月18日

Kotoriusagiで晩ごはん

 こんにちは!ふっさんです!

 今回はKotoriusagiさんからお届けします!
 過去記事はこちら
 


 いつもはコーヒーとデザートをいただいているKotoriusagiさん。
 しかし今日訪れたのは6時ちょっと前。
 今コーヒーを飲んでしまうと夜眠れなくなってしまいます。cup

 そう、今回は晩ごはんをいただきに参上したのです!icon28
 (『チルチンびと』も読みがてら)
 

 さっそく私が今回注文したのは「焼きチーズカレー」。

 
 スープとサラダがセットです。
 ちなみに、Kotoriusagiさんのメニューはすべてグルテンフリー(小麦などに含まれるたんぱく質、グルテンを摂らない食事のこと)。
 体への優しさは間違いありません。

 
 料理は接写が基本。


 味については最早言うまでもないでしょう。
 写真を見て想像を膨らませてください。。。


 たぶんその5倍増しの美味しさです。
 

 まずサラダがうまい。
 かぼちゃ最高。
 ちなみに、サラダが美味しいお店はいいお店というのが私の持論。
 
 スープ。
 ほっとする味。
 やさしい気持ちになる。face12
 
 カレー。
 きっとトマトベース。
 カレー+チーズ=神。というのはみんな知ってる公式。
 程よいスパイスは、食べるとじんわりと体の奥から温まる感じ。
 途中途中でゆで卵と一緒に食べるとまろやかになってまた違う美味しさ。
 

 カフェご飯だからちょっと控えめな量かな?と思って注文しましたが、これが結構ボリューミー。
 25歳男性の胃袋も大満足でした。

 
 また次来たときも「焼きチーズカレー」を頼みたくなるくらい美味しかったですが、なんとかその誘惑に打ち勝って、別のメニューも注文してみたいと思います!
 

 いつも心を穏やか~にしてくれるKotoriusagiさん。
 今日もぽかぽか気分で帰路につきます。
 いつもありがとうございます!icon01


 ちなみに!
 9月29日(土)に、Kotoriusagiさんでマリンバコンサートが開催されるそうです!


 チケットは2000円でワンドリンク付き。
 なかなか聞く機会のない本物のマリンバ奏者の奏でる音色を、ぜひお聞きください!

 せばまた!
  


Posted by のんびり探検隊3 at 10:32Comments(0)食べ物

2018年09月14日

紅葉だ!温泉だ!スタンプラリーだ!

 こんにちは!ふっさんです!
 最近はとても涼しく、寝るときは長袖長ズボンの季節になって参りました。

 そんな今日この頃、待ち遠しいのが紅葉ですね!
 
 そしてそんな空気、ロケーションで入りたくなるのが温泉ですね!温泉
 
 そして紅葉×温泉で導き出される答えといえば・・・

 そう、スタンプラリーですね!


 というわけで、毎年恒例「紅葉と温泉キャンペーン」がやって参りました!
 \フーフー/ \待ってたぞー/ \やったわー/


 

 本キャンペーンは、秋田・岩手両県の計8市町30か所で展開されるスタンプラリーです。
 秋田エリアで1か所、岩手エリアで1か所、秋田・岩手どちらかで1か所の計3か所でスタンプを集めると・・・
 
 温泉宿ペア宿泊券十和田八幡平エリアの特産品が、計80名様に当たります!


 また、QRコードを読み込んで応募するモバイルスタンプラリーも同時開催!
 こちらは上記景品のほか、ブルートレインあけぼの宿泊券も加わり、合計20名様に当たります!


スタンプが設置されているのは以下の施設です!
※()はモバイルスタンプ設置施設
秋田県小坂町
 湖畔の駅十和田ふるさとセンター(
 道の駅こさか七滝(
 小坂七滝ワイナリー
 小坂鉱山事務所
 小坂鉄道レールパーク(
 十和田湖観光交流センターぷらっと(モバイルのみ)
 発荷峠展望台(モバイルのみ)

秋田県鹿角市
 八幡平ビジターセンター(
 道の駅かづの あんとらあ(
 JR鹿角花輪駅前観光案内所
 史跡 尾去沢鉱山(
 大湯ストーンサークル館(
 道の駅おおゆ(

秋田県仙北市
 玉川温泉ビジターセンター
 田沢湖観光情報センター「フォレイク」
 休暇村 乳頭温泉郷
 田沢湖ハーブガーデン ハートハーブ
 仙北市観光情報センター「角館駅前蔵」

岩手県八幡平市
 松尾八幡平ビジターセンター(
 八幡平山頂レストハウス(
 道の駅にしね(
 岩手焼走り国際交流村

岩手県滝沢市
 ビックルーフ滝沢観光案内所(

岩手県盛岡市
 いわて・盛岡広域観光センター(
 盛岡観光コンベンション協会
 盛岡手づくり村(
 つなぎ温泉観光案内所(
 石川啄木記念館

岩手県雫石町
 雫石町観光物産センター(
 鶯宿温泉観光協会(
 道の駅雫石あねっこ(
 網張ビジターセンター
 
 
 開催期間は9月15日~11月4日です!
 
 詳細はこちらをご確認ください!
 紅葉と温泉キャンペーン(外部リンク)

 ぜひぜひ美しい秋の景色と素晴らしい温泉をお楽しみください!
 せばまた!

Facebookのフォローもお願いいたします!
https://www.facebook.com/nonbiritankentai/  


Posted by のんびり探検隊3 at 08:00Comments(0)イベント温泉四季

2018年09月13日

『チルチンびと』ってご存知ですか?

 こんにちは!ふっさんです!

 突然ですが、みなさんは「チルチンビト」という言葉をご存知でしょうか?

 どうやら「チルチンビト」は、「チルチン」、「ビ」、「ト」に分解できるらしく、「チルチン」は食用・薬用の小さな赤い実をつける植物、「ビ」は接続詞、「ト」は水の意味で、アメリカはアリゾナ州の、ナバホ族が暮らす土地の名前のようです。


 突然なんのこっちゃ、という感じだと思いますが、実はこの「チルチンビト」、ある雑誌のタイトルに使われていて、その雑誌の最新号で、鹿角市が特集されているんです。


 それがこちら。
 風土社さんの季刊誌『チルチンびと』です。 
 風土社ホームページ(外部リンク)



 その中の特集、「移住のカタチ」で、15ページにわたって鹿角市が紹介されているんです!
 特集のメインとなっているのは、移住体験ツアー
 首都圏から2組のご家族が鹿角市を訪問し、2泊3日の移住体験ツアーを行った様子が取材されています。
 きりたんぽづくり体験や川遊びといった鹿角の文化や自然を感じる体験や、コモッセや保育園の見学などの子育てに目を向けたプログラム、民泊を通した地元の方々とのふれあいなど、鹿角での生活のリアルを感じるツアーのようでした。
 

 また、先輩移住者のへのインタビューとして、大阪からのIターンで燻製屋さんを開業される方、当ブログでもご紹介したKotoriusagiの細井さん、Uターンでトマト農家に新規就農された方の記事も掲載されています。
 Kotoriusagiさんの過去記事はこちらから。



 個人的には大湯の「わかば保育園」さんの保育方針が、なるほど~と思う内容でした!

 全体を通して温かい雰囲気の特集で、すでに鹿角に住んでいる方も一読の価値はあると思いますよ!face12


 鹿角市内の本屋さんではすでに売り切れてしまっているようですがface08、Kotoriusagiさんや銭川温泉さんなどにも置いてあるようですので、ご興味ある方はぜひ読んでみてください!

 せばまた!

Facebookのフォローもお願いいたします!
https://www.facebook.com/nonbiritankentai/  


Posted by のんびり探検隊3 at 10:00Comments(0)その他

2018年09月11日

鹿角居酒屋探訪「登仁角寿司」 【その5】

~ 大好物の“てっさ”と“馬肉煮込み”で、一杯!!


住 所  秋田県鹿角市花輪字下中島73
TEL  0186-22-1119
営業時間 17:00~24:00
定休日  日曜日












 兎に角、入ってみようかな!!そんな感じで、今夜はスタート

 暖簾をくぐると、店内には、男性お客さんがお一人。そして、笑顔で迎えてくれるカウンターの中に立つご主人

 まずは、瓶ビールに「馬肉煮込み」。

 ホロホロほぐれ、甘くない味付けの馬肉は、大好きな類い!!

 それにしても、流れる時間ゆったりと感じられる。ご主人も、ポツリポツリとお話相手をしてくれて、ほっと落ち着く感じ。

 先代大阪で修行し、開業とのこと。それゆえか、「ちり鍋」、「ふぐの唐揚げ」、「てっさ」など、木札のお品書きには、ふぐ料理が並ぶ!!

 鹿角の地酒「千歳盛 生貯(小瓶)」をお願いし、「てっさ(ふぐ刺し)1,000円」(写真)を注文。

 久々のふぐ刺し紅葉おろし薬味を巻いて、ポン酢でいただけば、間違いなく最強の酒肴!!尚且つ、この値段!!

 二代目というご主人の修業先は“六本木”辺りとのこと。なるほど、目元涼しく、語り優しく、“シュッ”としている。

 「いらっしゃい~」ご主人の優しい眼差しの先を振り返ると、小っちゃな女の子を連れたご夫婦が来店。お店の流れる時間が、少しだけリズミカルになる。

 両親に挟まれて、カウンターから、ちょこんとを出しながら、お寿司をつまむ姿が、なんとも可愛らしい!!

 待望の涼風も吹き始め、芋焼酎お湯割りの季節到来。「黒霧島ボトル3,000円」をキープし、「しめ鯖握り2貫」と「カッパ巻き」を注文。

 縄暖簾に惹かれ、覗いてみたら、大好きな“ふぐ料理”と“馬肉”で一杯やれるお店との巡り逢い!!

 どうやら、酒飲みだけは、強運らしい。



 山さん  


Posted by のんびり探検隊3 at 21:44Comments(0)飲み屋

2018年09月11日

大学生の目に映る鹿角とは【武蔵野大学長期FS成果発表】

 こんにちは!ふっさんです!

 今回は9月10日に行われた、武蔵野大学の学生さんたちによる調査成果発表会についてご紹介いたします!



 なぜ彼ら彼女らは鹿角に来ているのかについては、武蔵野大学のホームページからご確認ください。
 武蔵野大学フィールドスタディーズ(長期学外学修)(外部リンク)

 簡単に言うと、大学の中から現場に出て行って、将来設計を描く上での土台作りをしよう!ということでしょうか。


 こういった事業の一環として、今回鹿角市には9名の大学1年生の皆さんが来てくれました。
 9名中8名が関東出身(1名は秋田市出身)で、9名全員が初鹿角市
 学生さんたちは「商店街活性化」と「移住促進」を大きなテーマとして約1か月間、聞き取りや祭りへの参加などを通して調査を行ってきました。
 当日は、フレッシュな目線で見た鹿角について、1か月の研究成果を発表してくれました!
 

 今回はそれらの発表を、大きく鹿角の魅力」、「鹿角の課題」、「鹿角への提案の3つに分けてご紹介したいと思います!

 
  会場は満席!用意された席数を超え、新しい机が足されるほどの関心の高さでした。

 
 まずは「鹿角の魅力」から!

 鹿角の魅力として多く挙げられていたのは、「自然」と「食べ物」、「伝統文化」、そして「人柄」。
 美しい山々や川。ホルモンやきりたんぽなどの豊かな食。悠久の歴史を感じる数々の行事。
 地元の人にとっては当たり前かもしれないこれらことが、実は当たり前ではなく、高いポテンシャルを秘めたものなんだというメッセージでした。
 また、商店街についても、駅から徒歩圏内にある、アーケードがあって雨や雪でも大丈夫、歩道が広いといった利点が挙げられていました。

 個人的には、「コモッセ」を魅力として挙げる学生さんが複数人いたことが興味深かったです。その理由がWi-Fiの整備にあり、若者にとってインターネット環境が整備されているかが魅力に大きな影響を与えるということでしょうか。


 徹夜して作ったというパワーポイントでの発表。


 次に「鹿角の課題」について!
 
 こちらについては、移動手段」や「発信力不足」、そして「マナー(路上喫煙やタバコのポイ捨て、運転の荒さなど)」に関するものが多かったように思います。
 また、調査テーマの一つでもある商店街については、地元の方へのインタビュー調査を通して、「いらっしゃいませ」が無く入りづらいという点や、情報発信への温度差などが指摘されました。
 


 お店のデザインを考案してくれた発表も。


 そうした課題を踏まえ、学生ならではの「鹿角への提案」がなされました!
 いくつか抜粋してご紹介すると、、、

 商店街に「小コモッセ」をつくる
 若者向けSNS(Twitter、Instagram)の活用
 商店街にもお土産専門店をつくる
 オブジェなどで何のお店かすぐ分かるようにする
 バーチャルYoutuberの活用


 などなど!
 「ワカモノ」かつ「ヨソモノ」ならではの、とても新鮮な提案や視点でした!

 
 「小コモッセ」を提案。


 インタビューや政府のデータ、さらには他の自治体の事例なども活用し、いい発表をしようという意気込みが伝わってくる力作ばかり!拍手
 もちろん、必ずしもすべてが的を射ているわけではないかもしれません。
 しかし、少なからず参加した鹿角のみなさんの心にも響いたのではないでしょうか!


 学生さんと話すせっかくの機会ということで、その後の質問時間も盛り上がり、時間いっぱいまで挙手が!
 短い時間ながら、「Instagramでは位置情報を使って検索する」、「自治体名ではなくブランド(#きりたんぽ)が重要」、「今日いらしている方が鹿角の魅力を周りに伝えることで自信を持てる人が増える」といったアイデアが交わされていました!
 

 今回の発表の中で私が特に印象深かったのは、学生さんの一人が、
 「調査の中で『こんな何もないところによく来たな』と言われることが多くありましたが、私はそんなことは思いません。」
 ときっぱり言い切っていたことでした。
 地元の人が地元のことを知り、地元のことを誇れるようになる。
 探検隊も、そんな一助になれるように、これからも頑張っていこうと思います!


 武蔵野大学の学生のみなさん、1か月という長期に渡る調査お疲れ様でした!
 これを機に、またぜひ鹿角に遊びに来てくださいね!face02
 せばまた!


Facebookのフォローもお願いいたします!
https://www.facebook.com/nonbiritankentai/  


Posted by のんびり探検隊3 at 17:05Comments(0)町の話題学校

2018年09月10日

武蔵野大学の学生さんとBBQ!

 こんにちは!ふっさんです!
 先日の「鹿角地域チャレンジマルシェ」へご来場くださった皆様、ありがとうございました!
 鹿角の「うめ~もの」をお気に召された方は、ぜひ鹿角地域でさらにご堪能ください!


 さて、今日の話題はBBQ!
 実は、8月中旬から今日まで、東京の武蔵野大学の学生さんたちが、鹿角市で調査活動を行っていました!
 「商店街活性化」「移住促進」をテーマにしているということで、花輪ばやしにも参加していました!

 そんな中、NPO法人かづのclassyさんが、学生さんたちとの交流BBQを企画するということで、私ふっさんも参加してきました!

 会場はclassyさんの「家」


 農家さんの採れたて野菜や、お肉などが並びました~face02





 学生さんたちは、お祭りをはじめとする鹿角の古くから続く文化にとても興味を持っているようでした!ハッピ
 発表の準備もすごく力を入れているようで、とても楽しみです!

 
 さて、その研究成果発表会ですが、なんと本日午後15時~17時にコモッセで行われます!
 
 「よそもの」で「わかもの」の視点から鹿角を調査した成果を聞けるチャンス!
 お時間ある方はぜひご来場ください!
 せばまた!  


Posted by のんびり探検隊3 at 12:00Comments(0)町の話題学校