QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2018年07月15日

鹿角居酒屋探訪「福寿司」 【その3】

~ 酒飲み垂涎のお寿司屋さん!!


住 所  秋田県鹿角市花輪下中島49
TEL  0186-23-7995
営業時間 17:00~23:00
     12:00~14:00
定休日  水曜日












 鮮やかな暖簾をくぐり、階段を上ると、あ~“いとしい~”福寿司さんがある。

 ご主人が、その日の寿司ネタで、お酒に合うアテを見繕ってくれる酒飲み垂涎のお店。

 今夜もガラスケースの中には、活きのいいネタがぎっしり。逸る気持ちを抑え、本日の突き出し「メカブジュンサイの酢の物」に、まずは瓶ビール

 ご主人が次に出してくれたのが、「カニ身」。上にウニイクラがのり、そのてっぺんワサビがちょこんとのる。

 満を持して、秋田の日本酒「天の戸 美稲(うましね)」をお願いする。

 見目麗しい「カニ身」に「贅沢ですね!!」と言うと、「相性抜群の組み合わせだから」とのご主人のコメント納得!!そして、魚介類ぴったしな我が日本酒のチョイスにも納得!!

 カウンター奥のカップルは、「光り物」が目当てのよう。アジコハダに、サバと、なんとも通なお二人!!

 お寿司屋さんの醍醐味は、やはりお刺身!!盛り合せは、本マグロの“中トロ”と“赤身”、“コハダ”に“シマアジ”に“赤貝ヒモ”。

 2杯目のお酒は、県南の銘酒「福小町 純米吟醸」。お刺身のおいしさが、より引き立つすっきり旨口の酒質。

 「温かいうちにどうぞ」といただいたのは、“穴子の白焼き”。レモンを搾り、ワサビと粗塩で。追加するお酒は、「芋焼酎」のお湯割り。

 ガラスケースでひときわ目を引く大きな「シャコ」(写真)をリクエスト。青森は陸奥湾産とのこと。

 酢醤油でいただけば、子持ちで旨みが濃い絶品もの!!なので、「シャコ」をもう一皿おかわり。

 いつのまにか、カウンターも埋まり、小上がりも満席。

 新参者は、そろそろ“おいとま”の頃。「芋焼酎」数杯と、締めに「茶碗蒸し」までいただき5千円ほど。

 ご主人の腕も凄いが、女将さんのおもてなしも最高!!そして、日参できたなら、なお最高!!



   山さん  


Posted by のんびり探検隊3 at 16:46Comments(0)飲み屋