QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人

2017年06月22日

和井内神社

昨日に引き続いて、十和田湖西湖畔のお話です。

十和田湖西湖畔には、遊歩道があり十和田湖のすぐ近くを散策できるようになっています。





昨日紹介した「思い出の学校カフェ」は十和田湖西湖畔遊歩道のちょうど中間地点あたりにありますね。



そこからさらに歩いて行くと、
和井内神社がありました。
和井内神社は、私財を尽くして十和田湖でのヒメマス養殖を成功させた和井内貞行と妻のカツをまつった神社だそうです。貞行の事業を支えたカツが無くなった後明治41年(1908)に勝漁神社(勝漁社)を建立したのが最初で、大正11年(1922)に貞行が亡くなると、貞行の御霊も合祀され、昭和8年(1933)に和井内神社に改名されたそうです。






参拝に来た人のために和井内神社の栞があるんですね。
中には和井内神社の歴史や和井内貞行氏のお話が書かれていました。


思い出の学校カフェでヒメマスを食べたあとに訪れると、なんだか歴史の流れをかんじますよ!
十和田湖西湖畔巡り、面白いのでみなさんもぜひやってみてはいかがでしょうか?


ずっしーでした!  


Posted by のんびり探検隊3 at 13:30Comments(0)自然文化歴史山・湖・滝etc