QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人

2020年03月03日

石臼挽手打そば洸庵 満月


こんにちは!
ふっさんです!

今日は大湯から、そばの名店をお届けします!
それが、満月さんです!


満月さんは、道の駅おおゆさんから車ですぐの、国道沿いにあります。
上の写真の大きな看板が目印です。



お店の入り口を開けると、おそばの成分表?が。
そばビギナーの私は、そばもブレンドするんだ!とまず驚きです。



そして入店すると、暖炉が!




お店も木がふんだんに使われた、落ち着いた雰囲気です。



豊富なメニューを見ていると、そっと出されるそば茶。
これがとっても優しい味!
こちらは購入もできるようです。

温かいそばにしようか、天丼セットも気になるな、と悩んだ末にチョイスしたのがこちら。

天ざるです!

お分かりいただけますでしょうか。
そうです、もう見た目が美味しいんです!



まずは通ぶってそばだけを一口。
「う、うまい。」
そばってこんな味するんだなと、26年生きてきて初めて気づいた気がします。
ちなみに、薬味の大根おろしは地元の伝統野菜「松館しぼり大根」。
キリッとした辛さが特徴のこいつがまたいい仕事をしているんです。
そばつゆは若干濃いめで、しっかりとそばつゆの味を感じられます。



そして天ぷら。
こちらももちろんサクサクふわふわ。
ネギの天ぷらは初めて食べましたが、美味しいんですね!
塩でもよし、つゆでもよし、非常に悩ましい!


最後はそばつゆ。
私は普段あまりそばつゆを飲まないのですが、今回はいつの間にか完飲しかけておりました!
みなさんご注意を。笑


そして!
お味はもちろんですが、お店の方のおそばの出し方がそっとさりげなくかつ優しく、なんなら「いらっしゃいませ」の時点でいいお店だなという雰囲気を感じることができたりと、心を整えたいときにはぴったりなお店だなと思いました!



満月さんではどぶろくも販売しております!
どうやら、米も含めてオール満月産との情報も。
そば屋のどぶろく、こちらも注目ですね!
せばまた!


石臼挽手打そば洸庵 満月
【営業時間】昼11時~14時くらい、夜18時~20時(冬季は要確認)
【定休日】毎週月曜(月曜が祝日の場合は昼のみ。翌火曜が代休。)
【電話】0186-37-3340

  


Posted by のんびり探検隊3 at 15:55Comments(0)食堂地元の食材

2020年02月26日

冬の大湯の滝めぐり

こんにちは!
ふっさんです!

今回は、冬に巡る大湯の滝をご紹介します!


まずは菅江真澄も訪れた名瀑、「銚子の滝」です!



今年は暖冬のため、氷瀑にはなっていませんでしたが、冬の滝も美しいです。


滝つぼの透明度も素晴らしいです。


風情があります。



続いて、スノーシューをはいて新雪のなかを歩きます。


錦見の滝に到着です。


ちょっと引きから。


川に並ぶ白まりも。


虹のようなものが・・!


雪の中を歩いた後は、中滝ふるさと学者のカフェこもれびでランチがおすすめ。


かづの牛ハンバーグやキーマカレーが有名ですが、今回は新メニューの「ハヤシライス」をチョイス。
程よい酸味がご飯によくあう一品です。
付け合わせのかわいい3つの小鉢もポイント。

今年は雪が少ない冬ですが、山に行けばそれでも雪はありまして。
休日に、雪国ならではのアクティビティはいかがでしょうか?
せばまた!


【中滝ふるさと学舎】
営業時間:9:00~16:00
※12月~3月 10:00~16:00
カフェ営業時間:10:00~16:00(L.O お食事~15:00 ドリンク~15:30)
※12月~3月 11:00~15:00(L.O お食事、ドリンク~14:30)
休館日:毎週月曜日(祝祭日にあたる場合は翌日)、12月29日~1月3日



  


Posted by のんびり探検隊3 at 12:00Comments(0)自然食堂山・湖・滝etc四季

2019年12月27日

なんも大学「小坂町編」を総まとめ!

こんにちは!
ふっさんです!

みなさん、『なんも大学』というウェブマガジンはご存知でしょうか?


なんも大学とは、毎週水曜日に更新される、「秋田に暮らす人々から学び、未来にシェアするウェブマガジン」です。


なんも大学についてはこちらから!(外部リンク)



その中の、秋田県内各地を旅しながら、その土地ならではのスタンダードご紹介していく「秋田のふつう科」では、県内25市町村を1か月ごとに紹介していく、「秋田のいいとこ 旅して出会った、ローカルスタンダード」という企画が連載されているのですが・・・


令和元年12月編では、小坂町が取り上げられているんです!拍手


というわけで今回は、なんも大学「小坂町編」で紹介された記事を総まとめでお送りします!



第1週

「小坂鉄道レールパークで、懐かしの時代へトリップ!」

https://nanmoda.jp/2019/12/8609/


知る人ぞ知る鉄道のテーマパーク、小坂鉄道レールパークがトップバッター。
何度も行っているはずなのに、柱にレールが使われているのは気づきませんでした・・・。
ほかにも、小坂鉄道豆知識が盛りだくさん。
実はすごいレールパークの実力が明らかになる回となっております。



第2週

「小坂の「テロワール」。小坂七滝ワイナリー。」

https://nanmoda.jp/2019/12/8688/


最近じわじわと人気を広げてきている小坂七滝ワイナリー。
他のワインとは何が違うのか?
そもそもなんで小坂でワインなのか?
そんな疑問はこの回を読めばすっきり解決。
読めばきっとワインが飲みたくなる、そんな記事でした。



第3週

「小坂名物「かつらーめん」、食べ歩き!」

https://nanmoda.jp/2019/12/8722/

小坂町民のソウルフード、かつらーめんが軒並み紹介されている記事(滝の茶屋は冬季休業のため掲載なし)。
小坂町に行く前には必ず読んでおきたい回です。
まず思うのは、人って一日にかつらーめん5杯食べられるのか?
という疑問であり、やってみたい・・という好奇心であり、でも・・という恐怖心であります。
しかしながら、読めばきっとかつらーめんが食べたくなる、そんな記事でした。



第4週

「日本一なのは鉱山額だけじゃない!?時代の一歩先を歩んできた、小坂鉱山。」

https://nanmoda.jp/2018/12/5061/

最終回は小坂町のシンボル、鉱山事務所から。
キーワードは「日本初」と「日本一」。
これでもかってくらいにそれらのワードが出てくるこの回は、小坂のポテンシャルの高さを気づかせてくれます。
ちらっと紹介されているクリスマスマーケットと康楽館も本当にオススメなので、ぜひいらしてみてください!



いかがでしたでしょうか?
小坂町のいわゆる「王道」のようなコースを深堀りした記事が並んだ「小坂町編」。
何度も行っている方でも知らなかったことがあったのでは?
ぜひ、新たな視点で小坂を見てみてください!


さて、令和元年は本日が最後の記事になります。
今年も1年間お読みいただき、ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

それではみなさまよいお年を!
せばまた!
  


Posted by のんびり探検隊3 at 09:00Comments(0)町の話題観光施設文化歴史食堂

2019年12月13日

とろ~りオムライスが味わえるカフェ

すーほです!

皆さんは、ふとした時に、「とろ~りとしたオムライス食べたいな~face14
と思うことはありませんか?

私もこの前そのような状態に陥ったため、
オムライスを食べに「カフェTANAKAYA」に行きました!

こちらがこのお店のとろ~りオムライス





半熟加減が絶妙で、チキンライスとの相性も抜群ですface05
チキンライスの中には大きめのお肉がゴロゴロ!!face08
スープも付いてきますよ♪

ちなみに、一緒に行った方は
納豆スパゲッティを注文していましたface02




こちらは納豆のネバネバ感とスパゲッティのつるつる感がマッチしていておいしかったですface05

また、こちらのお店の名物は鹿角の郷土料理「けいらん」です。



けいらんは、すまし汁に、あんこと胡椒とくるみを白玉に包んだお餅が入っている料理です。
お餅の形が「鶏卵」鳥に似ていることからその名がつけられたそうですface08

胡椒が良いアクセントとなっていて一度食べたら忘れられない味です!


また食べに行こうと思います♪face02



すーほでした!


【取材先】※投稿日時点の情報です
●TEL 0186-23-2255
●営業時間 11:00~22:00(不定休)
●MAP ※けいらん田中屋のお隣です


――――――――――――――――――――――
〔PR〕
YouTubeで世界の方々に向けて鹿角の魅力を
動画で発信しています!

▼動画はこちらからご覧ください
https://www.youtube.com/playlist?list=PLt42ENzYY1cN5P1q9IS78Y9YDrZanNgzb
  

Posted by のんびり探検隊3 at 11:28Comments(0)町の話題食堂

2019年12月04日

冬だからこそ行きたい!八幡平のあったか~い温泉紹介②

すーほです!

八幡平の冬季も営業しているあったか~い温泉
日帰り入浴可の施設中心)を数回に渡り紹介していきます!温泉

過去記事↓↓
第1弾 志張温泉元湯

今回ご紹介するのは後生掛温泉温泉



泉質は単純硫黄泉で、灰色系の白く濁った温泉です。
古くから「馬で来て 足駄で帰る 後生掛」と称されるほど効能に優れ
湯治場として多くの方に利用されてきました。
この温泉の最大の特徴が・・・7つの入浴法があることです!一部ご紹介します!温泉

・火山風呂
浴槽の底から気泡がブクブクと噴き上がってきます。
その刺激がとても気持ち良いですface02

・神恵痛の湯
少し深い浴槽なので首までどっぷり浸かることができます。
火山風呂より温度を高めに設定していますので、体の芯まで温まります親指

写真奥が火山風呂、手前が神恵痛の湯


・泥風呂
浴槽の底に泥が!face08
この泥を体に塗りつけるとお肌がすべすべになりますicon12

・箱むし風呂
このポスターをご覧になったことはありますか?



そう!これこそ、後生掛温泉の箱むし風呂です!
箱の中に温泉の蒸気が充満しており、サウナ状態。顔をだして中に入ります。




温泉に浸かった後に是非食べてもたいたいのが・・・

黒たまご!(1個80円)
その名のとおり真っ黒な卵ですが、中は真っ白なゆで卵。

普通のゆで卵より数倍おいしく感じますface05
温泉水で茹でられていて、温泉の成分が卵の殻のカルシウムと化学反応して殻が真っ黒になるようです!



がっつりお食事をとりたい方には、日帰り入浴の方も利用できる食堂もあります(11:00~ 14:00 [ラストオーダー13:30])

きりたんぽ定食(数量限定)からアイスクリームまで幅広くメニューがあります!face05





また、後生掛温泉ではオリジナル商品も販売しています。

こちらは泥湯をつかったスキンケア商品で、温泉に入ったかのようにすべすべ肌になりますicon12
お土産におすすめですicon27

泥石けん(500円)


泥温泉パック(1,100円)


最後に、個人的に注目していただきたいのが・・・

売店でもらえるビニール袋に描かれている
このおじさん。

ののほほんとした顔がすごく好きですface05

(女将に伺ったところ、お知り合いの方が描かれた絵で、
お名前は無いそうです!)






すーほでした!


【取材先】※投稿日時点での情報です
●WEBサイト https://www.goshougake.com/spa
●TEL 0186-31-2222
●営業時間(日帰り入浴)10:00〜16:00(最終受付は15:00)
※月・火・水・金は11:00~12:00(日中)は大浴場清掃時間のため、ご利用できません。
※令和元年12月12日・13日は大浴場メンテナンスの為、日帰り入浴は臨時休業
●料金 大人600円/小学生まで300円
●MAP


【八幡平冬季通行止め情報】
・鹿角市八幡平字後生掛~鹿角市八幡平字蒸ノ湯(蒸ノ湯ゲート)
→3月下旬まで通行止め
・鹿角市八幡平字蒸ノ湯(蒸ノ湯ゲート) ~岩手県境 (山頂見返峠)
→4月中旬まで通行止め

※詳しくは秋田のみち( http://road.pref.akita.lg.jp/modules/tinyd0/ )をご覧ください


――――――――――――――――――――――
〔PR〕
YouTubeで世界の方々に向けて鹿角の魅力を
動画で発信しています!

▼動画はこちらからご覧ください
https://www.youtube.com/playlist?list=PLt42ENzYY1cN5P1q9IS78Y9YDrZanNgzb
  

Posted by のんびり探検隊3 at 09:06Comments(0)温泉宿食堂四季

2019年12月03日

隠れ家的たこ焼き屋さんで良いご縁を。【良縁】

こんにちは!
ふっさんです!

ついに12月突入!
空の様子もいよいよ冬本番という感じで、一面雪景色になる日も遠くなさそうです。雪

そんなときに食べたくなるものといえば・・・
そう、たこ焼きですね!

というわけで今回は、知る人ぞ知るたこ焼き屋さんをピックアップします!


それがこちら、良縁さんです!



道路脇に「たこやき」と書いたのぼりが見えるな~
お店どこなんだろうな~
とはずっと思っていたお店をついに発見しました!(探検隊っぽい)

こちらが件ののぼり


場所は正直言って非常に説明し辛い!
国道282号線を鹿角から小坂方面に走って、どらとちゃめさんを超えて、ローソンに行くまでの途中の左側の駐車場の奥側の建物にあります!(どこ)
詳しくは下のグーグルマップをご確認ください汗


さて、そんな立地にたたずむたこ焼き屋さん。
中はカウンターが3席ほど。
テイクアウト中心のようです。
店長さんがおひとりで営業されているので、たくさん注文したい方は事前に電話した方がよいかもです。



さっそく注文。


定番の「ソースマヨ」に、さっぱりと「ぽんず」、辛いと書いてある「明太マヨ」をチョイス。
小腹がすいていたので「たこせん」もオーダーしました。


車で待っていると呼びに来ていただけるとのことでしたが、せっかくなので店内で待つことに。
店長さんのお話によれば、ここは以前は別の方がたこ焼き屋さんをやっていたんだとか。
そこで働かれていたのが現店長さんで、その場所を引き継いで昨年12月オープンしたのが良縁さんということでした。

そんな話をしている間も凄まじい手さばきでたこ焼きを仕上げていく店長さん。


その職人技を見ているだけでも十分に楽しめます。


そして完成したたこ焼きたちがこちら。



ふわっふわのたこ焼きはたこもしっかり味もしっかりで、バランスが素晴らしい!
記事書きながらお腹空いてきました・・・

たこせんは、せんべいの間にたこ焼きが挟まれている一品。

こちらもおやつに最適です!


営業中かどうかは路上のぼり、のれん、提灯が目印というのもなんだか粋で、ワクワクする仕掛け。
もちろん味も太鼓判な良縁さん、ぜひ行ってみてください!

【営業時間】15時30分~19時頃
【定休日】月曜・木曜
【電話番号】080-9634-9169
地図上では出てきませんが、駐車場を奥まで進むと見えますので、諦めないでください!


――――――――――――――――――――――
〔PR〕
YouTubeで世界の方々に向けて鹿角の魅力を
動画で発信しています!

▼動画はこちらからご覧ください
https://www.youtube.com/watch?v=iC62SMKGlks&list=PLt42ENzYY1cN5P1q9IS78Y9YDrZanNgzbdiv
  


Posted by のんびり探検隊3 at 12:00Comments(0)食堂

2019年11月18日

あんべのだんぶりどんぶりのだんぶりってなに?

こんにちは!
ふっさんです!

めっきり寒くなってきた今日この頃。
先日鹿角では雪がちらついておりました!icon04
みなさん、冬タイヤへの交換はお済でしょうか??


さて今日は、食の話題!
当ブログでもしばしば取り上げさせていただいている、お食事処あんべさんからです!



あんべさんは八幡平駅から徒歩5秒という好立地にあるお食事屋さんです。
とてもアットホームな雰囲気で、初めての方でも入りやすいお店です!
近くには、世界遺産に登録されている大日堂舞楽の舞台、大日霊貴(おおひるめむち)神社があります。


そんなあんべさん、様々な定食や丼もののメニューがあって、いつも悩むところですが、今回は入口の黒板にあったメニューに一目ぼれ!

少し前の写真なので秋仕様になっております・・ご了承ください・・


「限定」「新」という言葉に弱い私が選んだのはもちろん・・・
だんぶりどんぶりです!

だんぶり・・・



どんぶり!!!(言いたいだけ)

ボリューム満点の南部鶏の親子丼に、様々な小鉢や味噌汁、果物がついておりました!


さて、ところでみなさんは、「だんぶり」という言葉をご存知でしょうか?
ヒントはこちらの写真のなかに・・・



さらに味噌汁の下に大ヒントが・・・



もうお分かりですね!

そう、だんぶりとは、トンボのことなんです!

鹿角にはだんぶり長者という伝説があり、実は大日霊貴神社とそれは深い関わりがあるのですが、それはまたの機会ということで・・。


味もボリュームもネーミングも、鹿角らしさ満点のだんぶりどんぶり(語呂もいい!)。
ぜひご賞味ください!
せばまた!

【営業時間】11時~19時
【定休日】なし

  


Posted by のんびり探検隊3 at 17:41Comments(2)食堂

2019年10月01日

このラーメンは、美しい【だまや】

こんにちは!
ふっさんです!


今日は、先日オープンしたばかりのラーメン屋「だまや」さんからのレポートです!


だまやさんは、十和田の交差点のところにニューオープンしたラーメン屋さんです!

外観
外観。


食券スタイルで購入。
私は2時くらいに行ったのですが、それでも店内には他に5名ほどのお客様が。
オープン早々に人気な様子がうかがえます!


今回は素直に王道、醤油ベースの鶏中華そばをチョイス。
ほかには塩ベースの鶏中華やや鶏白湯、ミニカレーなどがありました!
個人的には売り切れていたカレーが気になりました・・・


さて、いよいよお待ちかね、こちらがだまやさんのラーメンです!



「う、美しい・・・」


思わず見とれてしまいそうになる丁寧なトッピング。
そして光り輝くスープ。
自家製だという麺だけでなく、ラーメンを構成するすべてにおいて妥協がないことが見ただけで伝わってきます。



ちょっとズーム。


この美しさを崩してしまうことに少し罪悪感すら覚えながら、まずはスープを一口。

「う、美しい・・・」

出ました、本日2回目の美しい。
このラーメン、見た目だけでなく味まで美しいのか・・・
醤油ベースのスープは濃いわけではなく、さりとて薄いわけでもない絶妙なポジショニング。
さながら飲み干せと言わんばかりです。

そして自家製の全粒粉麺
(全粒粉とは、小麦を殻ごと粉砕した粉で、一般的な小麦粉の麺より糖質が低かったり栄養価が高かったりします。)
何か少しプチプチを感じるような気がする麺は、スープとよく合います。

さらに鶏と豚の2種のチャーシュー
どちらもしっかりと肉感があり、うまい。

ラーメンを構成するすべてのものがしっかりとスクラムを組んでいるその姿はまさにOne for All, All for One.
(ミーハー)
すなわち、最高のラーメンということです。


全メニュー制覇しに、通うこと間違いなしです。
みなさんもぜひ、食べてみてください!
せばまた!  


Posted by のんびり探検隊3 at 16:50Comments(0)食堂

2019年09月18日

奈良岡屋をかつらーめんのお店だと思っているあなたに是非読んでほしい。

こんにちは!ふっさんです!

こさかまち名物と言えば、先日秘密のご当地名物を紹介する某番組でも紹介された「かつらーめん」ですね!

「かつらーめん」とは、その名の通りラーメンにトンカツが乗っているヘビー級なグルメです。
小坂町では6店舗で提供されていて、お店によって特徴が違うのが面白いところです!


さて、今回訪れたのは、かつらーめん発祥のお店と言われる「奈良岡屋」さんです!
(某番組でも登場したお店です!)


場所はこちら。
国道沿いで、明治百年通りからほど近いところにあります。


それではさっそく噂のかつらーめんとご対面!


奈良岡屋さんの特徴は、なんといっても卵とじ!
醤油ベースに卵の味が溶け出して、甘みを感じるスープになっています。
そして、卵の効果で、カツとラーメンというガツン系にも関わらず、最後まで飽きがこない!
まさに発祥!という感じのらーめんです!


しかし!
今日の探検隊はここでは終わりません。
なんと!
奈良岡屋さんにはかつらーめんに匹敵する衝撃メニューがあるんです。

それがこちら!

天丼です!


高い!!!(物理的に)
写真に入りきらないこのボリューム。
アナゴやらエビやら野菜やらがこれでもかと乗っています。
でも値段はこんな盛りで1,000円!
心配になるような値段設定です。
そしてサクサクふわふわでうまい!


ただ、食べる前に一度天ぷらをどかす必要があるのでご注意ください。笑

ちゃんとどかす用の皿もついてきます。
どかした結果、やっと普通くらいになりました。


天ぷら好きの方、食いしん坊の方、絶対食べたほうがいいです。
さあ、あなたはかつらーめんにするか、天丼にするか決まりましたか?
個人的には日替わりメニューとかもおすすめですよ!
せばまた!
  


Posted by のんびり探検隊3 at 11:38Comments(2)食堂

2019年09月10日

桃カレーという衝撃

こんにちは!
ふっさんです!

今日は、現在道の駅かづのにて開催中の、「桃フェア」についてお届けします!


鹿角は県内屈指の果樹産地!りんご
りんごやブルーベリー、そして桃などの栽培が盛んです。
寒暖の差が大きい鹿角では、果物がとっても甘くなるんだとか。


そして今、まさに桃が収穫の最盛期を迎えているんです!


そんなこの時期に道の駅かづので開催されているのが「桃フェア」です!
(9月16日まで)


土日には、鹿角のお菓子屋さんがつくる、桃を使ったマカロンや金つばなどのスイーツを特別販売!

そして、レストラン味館では期間中、鹿角産の桃を使用した特別メニューが提供されているんです!

そして今回私が注文したものがこちら!

桃カレー
桃カレーです!


その名の通り、カレーにスライスされた桃が乗っているという大胆かつ斬新な一品。

正直なところ、ワクワク半分、ドキドキ半分。


まずは普通にカレーを一口。
うまい。
スパイスのよく効いた辛口のルーが、最近暑くて疲れ気味だった体に活力を与えてくれます。


次に桃を一口。
甘い。
さすが鹿角産の桃。
甘味がとても強く、ジューシー。
さながら固形の桃ジュースです(?)。


そして桃とカレーを食べようかと思ったのですが、まだ心の準備が出来ていなかったので、ひとまずジャガイモとルーを一口。
これが罠でした。
なんとジャガイモだと思っていた固まりも桃だったのです。

桃カレー2
ゴロゴロしているのも桃。


予期せず口にしてしまったカレーと桃のコラボレーション。
一瞬の衝撃。
ジャガイモではない食感に少なからず動揺しながらも、はたと気づきました。
あれ、辛さが和らいでいる・・?
感覚的には中辛くらいにマイルドになっているような気が。
桃も主張しすぎず、あくまでカレーを立てるスタンスで、大和撫子を彷彿とさせます。
そして最後に抜けていく桃の風味。
「実に面白い」と心の中でつぶやきました。

酢豚の中のパイナップルを許せる方は、ぜひチャレンジしていただきたい一品です!


ほかにも、絶対間違いない桃のフレンチトーストや、桃のおしゃれスイーツもあります!
メニュー


もちろん産直コーナーでは鹿角産の桃も販売されております!
桃
※「かづの北限の桃」はJAさんを通して販売する桃という決まりがあり、農家さんが直接持ってきていらっしゃる産直の桃は「かづの北限の桃」という名称ではありません。そのため品質や価格にばらつきはありますが、生産されている方は同じで、品種も同じですので、非常においしいです!
※「かづの北限の桃」のご注文は道の駅に設置している申し込み用紙などからお願いいたします!


ぜひ鹿角のおいしい桃を味わいにいらしてください!
せばまた!
道の駅かづの あんとらあ(外部リンク)

  


Posted by のんびり探検隊3 at 11:09Comments(0)食堂特産品・スイーツ地元の食材