QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2019年03月25日

秋田八幡平満喫!ふれあい登山プログラム

こんにちは!
ふっさんです!

今回は、4月15日開通予定の「八幡平アスピーテライン」のウォーキングツアーや、夏の八幡平を満喫できるプランのご紹介です!





まずは、アスピーテライン開通直前!
4月14日(日) 9時~16時30分
「八幡平アスピーテライン・雪の回廊ウォーキング」です!


高さは最高で約5.5m、総距離は約27kmで日本一の長さを誇る、八幡平アスピーテラインの雪の回廊。
そんな雪の回廊を、開通前日にウォーキング!
また、八幡平山頂への雪山トレッキングと、後生掛温泉での入浴もセットになっています!
※コース約5km 初~中級者向け 小学生以上




続いて、6月16日(日) 7時30分~17時
「満開のイワカガミ群落!焼山縦走トレッキング」!

新緑と初夏の花々を堪能しつつ、秋田焼山火口湖の斜面に広がる満開のイワカガミを目指します!
温泉が流れる沢を抜け、最後は日本一の強酸性泉を誇る、玉川温泉へ!
※コース約9km 健脚者向け 中学生以上




最後は、8月31日(土)7時~17時
「八幡平三大展望地コンプリートトレッキング」!

八幡平の三大展望地、畚(もっこ)岳、茶臼岳、源太森をコンプリートするトレッキング!
ちょっとハードですが、絶景と蒸ノ湯温泉名物野天風呂ためなら頑張れる!
※コース約10km 健脚者向け 中学生以上






すべて集合場所は、八幡平ビジターセンターとなっていますが、
鹿角花輪駅前や道の駅かづのなどから、無料送迎バスも出ます!

そして、昼食はあの、「森の癒し弁当」付!


各コースごとに異なる温泉もセットになった豪華なツアーの気になるお値段は・・・




なんと3,500円!!!




お申込み・お問い合わせは、株式会社かづの観光物産公社まで!
電話番号 0186-22-0520

※申し込み締め切りは各開催日の10日前
※各回定員20名



各種割引等もありますので、詳細は下記リンクよりご確認ください!

八幡平ビジターセンターブログ(外部リンク)

せばまた!

  


Posted by のんびり探検隊3 at 15:54Comments(0)自然温泉四季

2019年03月07日

【決定版!】秋田八幡平温泉郷 泉質別温泉紹介

こんにちは!
ふっさんです!

先日、八幡平ビジターセンターが編集しているフリーマガジン
『ぷらす1八幡平』2019年春夏号が発行されました!




今号の特集テーマは、

「秋田八幡平の、いろんた湯っこさ入りに行ぐべし!!」

(意味:秋田八幡平の、いりんな温泉に入りに行こう!!)


ということで、秋田八幡平温泉郷の温泉が、泉質ごとに紹介されています!

というのも、秋田八幡平温泉郷は、温泉それぞれが異なる泉質という温泉パラダイスなんです!


ところでみなさん、「泉質」について、おわかりですか??
私は正直よく知りませんでした。笑


そこで今回は、『ぷらす1八幡平』に掲載されている情報を参考に泉質について学びながら、秋田八幡平温泉郷の温泉についてもわかる!
題して、「秋田八幡平温泉郷 泉質別温泉紹介」をお届けします!!!(さながら漢文)



泉質その1「単純温泉」
温泉に溶け込んでいる物質が少ない泉質のことで、肌触りが柔らかく、刺激が少ないのが特徴です。
中でもアルカリ性の強いものは、「アルカリ性単純温泉」と呼ばれ、つるりとした肌触りになります。

【秋田八幡平の単純温泉】
・八幡平高原ホテル
http://akita-hachimantai.jp/kohgen.html
・ふれあいやすらぎ温泉センターゆらら
http://yurara.kazuno-furusato.jp/
・八幡平大沼茶屋湖
https://www.ohnuma-chayako.jp/

【秋田八幡平のアルカリ性単純温泉】
・銭川温泉
https://www.zenikawa.net/
・志張温泉元湯
http://shibarionsen.com/



泉質その2【酸性泉】
温泉中に一定量以上の水素イオンが含まれている泉質です。
酸っぱく、強い殺菌効果があります。
ちなみに、玉川温泉の源泉は日本一の強酸性で、レモンやお酢より酸っぱいです。

【秋田八幡平の酸性泉】
・玉川温泉
https://www.tamagawa-onsen.jp/
・新玉川温泉
http://www.shintamagawa.jp/
・蒸ノ湯温泉(内湯)
http://www.fukenoyu.jp/index.html



泉質その3【硫黄泉】
温泉中に一定量以上の硫黄が含まれている泉質です。
日本で最もポピュラーな泉質で、温泉のあの匂いが特徴的です。

【秋田八幡平の硫黄泉】
・蒸ノ湯温泉(野天風呂)
・後生掛温泉
https://www.goshougake.com/
・藤七温泉
http://www.toshichi.com/
・大深温泉
https://www.akitafan.com/archive/tourism/3282



いかがでしたか??
泉質や各温泉施設についてのより詳細な情報は、『ぷらす1八幡平』でご確認ください!
温泉情報のほかにも、夏のさまざまなイベント情報が掲載されています!

『ぷらす1八幡平』は、鹿角地域振興局のほか、鹿角地域の様々な観光施設に設置されています!
【お問い合わせ】
(一財)自然公園財団八幡平支部
TEL:0186-31-2714



様々な泉質がそろう秋田八幡平温泉郷。
みなさんも春の湯っこめぐりはいかがですか?温泉
せばまた!
  


Posted by のんびり探検隊3 at 08:00Comments(0)自然温泉山・湖・滝etc四季

2019年01月17日

また来たくなる空間、湯都里

全国ののんびり探検隊ファンのみなさま!
大変長らくお待たせし、申し訳ありません!!!
ふっさんです!


2019年、亥年。イノシシ
今年ものんび~り探検しながら鹿角の魅力をお届けしていきます!
本年もどうぞよろしくお願いいたしますface02


さて、新年最初の記事をどうしようか悩みに悩んだ末、今回ご紹介するのはこちらの施設!



湯都里です!


湯都里は鹿角市の大湯温泉郷内にある温泉施設です。

「大湯温泉保養センター」と「地域包括支援センター」も兼ねているため、地域福祉の拠点にもなっています。


そんな湯都里。


温泉は「大地の恵み」と「天の恵み」の2種類、男女入れ替え制。
環状列石などを有し、歴史的なパワースポットでもある大湯を感じることができるような、特徴的な湯船があります。

しかも料金は大人360円というリーズナブルさ!
これは通うこと間違いなしです・・・
(備え付けのシャンプーやボディーソープなどはないのでご注意ください)


さらに、湯都里の魅力は温泉以外にも!


トレーニングスペースがあったり、


図書館の本があったり、


カフェラウンジがあったり、


フリーWi-Fiが使えるロビーがあったり、、、


充実感が、半端ない。


仕事帰りにふらっと立ち寄って、軽く汗をかいて一風呂浴びて、帰宅する。
そんな贅沢な生活ができるのも、温泉が身近にある鹿角だからこそ!
道路を渡ればすぐ、道の駅おおゆもあるので、寄りがてらでも!


また、湯都里のコンセプトは「誰もが集い、つながる 『まぜこぜ』地域コミュニティの拠点に」。
先日は市内の中学生が提案したアヒル風呂などが実現されるなど、様々なわくわくする企画も開催されています。
これからも目が離せませんね!


湯都里について詳しくはこちらから!(外部リンク)



みなさんも、そんな湯都里でほっと一息ついていきませんか?
せばまた!

Facebookページのフォローもお願いします!
https://www.facebook.com/nonbiritankentai/  


Posted by のんびり探検隊3 at 11:25Comments(0)温泉

2018年10月13日

あ、ちょうどいいな。【銭川温泉】

 こんにちは!
 ふっさんです!

 10月もいつの間にか中旬!
 十和田八幡平の紅葉も見頃を迎えています!
 

 10月11日の大沼はと言うと・・・


 こんな感じです!
 あいにくのお天気でしたが、雨の紅葉もまた乙でした!
 
 この土日はいい天気のようですので、ぜひぜひ八幡平に遊びにおいでください!


 さて今回は、そんなハイシーズンな八幡平温泉郷から、「ちょうどいい」温泉をご紹介します!


 それが、今年70周年を迎えた、銭川温泉さんです!



 銭川温泉さんは、大沼などがある八幡平国立公園よりすこし下の、川ぞいにたたずんでいる隠れ家的な温泉です。


 すぐそばには川が。紅葉まではもう少しです。

 
 八幡平温泉郷は湯治場の歴史をもつ温泉が数多くありますが、銭川温泉さんもそんな湯治場の一つ。
 オンドル部屋でじっくり温まったり、自炊をしながら長く逗留したりすることができます。
 もちろん自炊だけでなく、女将たちが丁寧につくる、地元の食材をふんだんに使った手料理をいただくこともできます(要予約)。
 
 
 上の写真が入り口なのですが、扉の雰囲気がどことなく銭湯を連想させます。
 中に入って靴を脱ぎ、床に足を乗せると、じんわりと伝わってくる温かさ
 館内全体がオンドルのようです。


 受付では若女将が優しく対応してくださいました。
 銭川温泉さんは、女将3代で切り盛りしている宿なのです。


 いよいよ入浴。

 温泉入り口横にて。

 温泉は中くらいの広さのものがひとつ。でも不思議と狭さは感じず、むしろちょうどいい感じ。
 温度は熱すぎず、ぬるすぎず。こちらもちょうどいい感じ。
 壁や天井は板張りで、風呂の周囲に手すりがついているのに優しさを感じます。
 大きめの窓を開けると、近くを流れる川の音が聞こえてきます。
 
 
 お風呂からあがると、ロビーでは他のお客様がテレビを見ながらくつろいでいます。
 私もつられて広間でちょっと休憩。




 本やレコードが並びます。
 奥からは夕食の準備をする音が。
  

 レトロなミシンと復刻版銭川温泉手ぬぐい。



 夕方に訪れたこともあって、ロビーの辺りはだんだんと薄暗くなっていき、ただ広間には優しい灯りがともっていて、夕食の支度の音が聞こえる中を、レトロな雰囲気に囲まれながら、じんわりと温かい床の上で座っている。


 そんなとき思ったのが、「あ、ちょうどいいな。」

 
 入り口から脱衣所から温泉から広間から、そのどれもが「ちょうどいい」
 なんというか、背伸びをしていないというか、ほっこりするというか、すぽっとはまるというか。
 うまく表現できませんが、とてもしっくりくる「ちょうどよさ」があるんです。 


 宿全体から感じられる優しさや温かさがそう思わせてくれるのかもしれません。


 とにかく、百聞は一見に如かず。
 ぜひいらしてみてください。

 ちなみに、10月20日にはこんな素敵なイベントも



 銭川温泉さんの詳しい情報は、下記URLより公式ホームページをご確認ください。
 https://www.zenikawa.net/

 銭川温泉さんのことを思い出しただけで気分が落ち着いてきて、なんだか文面もだんだんと優しくなっているような気がします(笑)
 ちょっと疲れたかな、というとき、銭川温泉さんで癒されてみてはいかがでしょうか?
 せばまた!



**************************************
紅葉と温泉キャンペーン開催中!温泉
http://www.ink.or.jp/~kankou18/2018_koyo_cam/index.html

小坂町明治百年通りフォトキャンペーンも実施中!camera
http://www.akitafan.com/archive/events/26687

Facebookページのフォローもお願いします!
https://www.facebook.com/nonbiritankentai/
  


Posted by のんびり探検隊3 at 08:00Comments(2)温泉四季

2018年09月28日

地球が生きている音がする【後生掛自然研究路】

 こんにちは!ふっさんです!
 今回は前回に引き続き、後生掛温泉さんからお届けします!

 さて、前回は拙い文章力でお風呂の魅力を伝えようと頑張ったわけですが、今回は温泉周辺の自然研究路についてご紹介いたします!
 こちらはちゃんと写真もありますのでご安心ください笑


 さて、後生掛自然研究路の入り口は、旅館部正面玄関の隣にあります。
 ただ、現在は工事中のようで、5mほどずれたところから入ります。

 
 歩くこと約3分(近い)、開けた景色がこちら。
 

 「え、火事?」

 と見間違えそうな白煙。
 これ、全部湯気なんです。


 湯気に近づくと・・・
 
 地面から湯気が噴き出してる!

 ここは通称「紺屋地獄」。その様子はまさに地獄です(本物見る予定はないけど)。
 鹿角市には様々な自然研究路がありますが、ここ「後生掛自然研究路」の特徴は、火山活動を間近で見られるというところなのです!


 
 こんな感じの灰褐色の沼や川があり、湯気がわいています。


 道の脇でもいたるところに穴があり、「ボコッ ボコッ」と温泉が湧き出ている音が聞こえます。

 

 ちなみにここでちょっと豆知識。
 昔々あるところに、一人の男性がおったそうな。
 男性には妻と愛人がおったそうな。
 ある日愛人は身を引いて紺屋地獄に身を投げたそうな。
 妻もその姿に心を打たれて身を投げたそうな。
 そうして「後生」を「掛」けた二人の女性がいたことから、「後生掛温泉」となったそうな。


 さて、登っていくと分かれ道に到着します。
 ここにある茶屋には名物「黒たまご」があるので是非ご賞味ください。


 左は泥火山、右は大湯沼。


 私は先に泥火山の方へ。
 草木に囲まれた道を歩くこと約10分。
 現れるのは広大な泥沼。

 
 よく見ると至るところで「ポコポコ」言っているのがわかります。
 あの泥湯の源はここにあるんですね。

 
 泥沼付近の川。湯気が出てるのが見えるでしょうか?


 さて、次に向かうは大湯沼
 私が行った9月中旬は、ススキが原になっておりました。


 紺屋地獄よりも穴に近く、音が大きく聞こえます。

 「ああ、地球って生きてるんだなあ」

 と感じる音です。


 両脇に大地を感じる序盤も素敵ですが、真骨頂はやはり後半でしょう。
 

 こちらが大湯沼。
 広大な水面から湧き出る湯気。
 それが風に乗って流れる様は、波のようでもあり、また雲のようでもあります。


 こちらは後生掛自然研究路一の紅葉スポットでもあり、周囲360度の大パノラマが紅葉に包まれるとき、その美しさはいかばかりか、想像もつきません。

 
 ここが一面紅葉するだなんて・・・

 
 以上、温泉もその周囲も大満足な後生掛温泉。
 八幡平温泉郷は、他にも多数の個性的な温泉があります!
 これからの季節は一段とその魅力を増していきますので、ぜひぜひ紅葉と温泉をお楽しみください!
 
 せばまた!




**************************************
紅葉と温泉キャンペーン開催中!温泉
http://www.ink.or.jp/~kankou18/2018_koyo_cam/index.html

小坂町明治百年通りフォトキャンペーンも実施中!camera
http://www.akitafan.com/archive/events/26687

Facebookページのフォローもお願いします!
https://www.facebook.com/nonbiritankentai/
  


Posted by のんびり探検隊3 at 08:00Comments(2)自然温泉四季

2018年09月27日

馬で来て、足駄で帰る、後生掛(ガチ)

こんにちは!ふっさんです!
さて今回は、名湯ぞろいの八幡平温泉郷から、今年100周年を迎えた後生掛温泉さんをご紹介します!♨️
(前回の記事でご紹介した、「泥湯」のある温泉です!)



詳細は下記リンクよりご確認ください!
後生掛温泉(外部リンク)


さて、北島康介と言えば、「何も言えねえ」(超気持ちいい派の方、すみません)
金萬と言えば、「28個食べました」(リコ、おいしい派の方、すみません)
後生掛温泉と言えば、「馬で来て、足駄で帰る、後生掛」
と言うくらいお馴染みのキャッチコピーですが、その名の通り、後生掛温泉はかつてより湯治場として名を馳せてきました。


現在も変わらぬ湯治場であり、オンドル部屋(地熱でじんわりと温かい部屋)で逗留する方も多いようです。
ちなみに、湯治村民になると、お得に宿泊できますよ!



こちらが日帰り入浴玄関。
旅館部の入り口から坂を下りたところにあります。


一浴600円。
私は地元のスーパーでご飯とかをいろいろ買っていたので、プラス400円の休憩所券セットを買いました。(食堂もあります!)


さて、早速入浴ですが、残念ながら撮影禁止(当然)
なので皆さんのイマジネーション頼みで、文章で頑張って説明していきます!


まず、風呂場の扉を開けて、思わず「おお」という言葉が口から漏れます。
そこに広がるのは木の壁、木の天井、木の浴槽。
あらゆる部分が木造で、○と○尋の神隠しもビックリの歴史感です!


かけ湯を浴びて、まずは体を洗おうというところではたと気づくのは、シャワーがないこと。
なんでも温泉の成分でシャワーが故障してしまうため、設置していないとか。
洗面器にお湯をためて、洗います。(シャンプー、ボディーソープはあります)


後生掛温泉の特徴は、温泉の豊富なバリエーションでしょう。
よくポスターとかで見かける箱蒸し風呂をはじめ、火山風呂、泥湯、神経痛風呂、露天風呂、どれもが色が違ったり、ボコボコしてたり、ヌルヌルしてたり、ムシムシしてたり、面白いです。


そしてどれもが丁度いい温度。
長く浸かって体をしっかり癒せます。

一旦あがって休憩所で休み、また入るなんてことも可能。
まさに無限温泉天国。face12


さて、どれほど伝わったことでしょうか・・・
はなはだ不安ですが、それもこれも、やっぱり直接行ってほしいという思いから!()

そしてなんと、後生掛温泉の魅力は温泉だけにあらず!
周辺の散策路もまた素晴らしいのですが、紙幅の都合でそちらはまた次回。
こうご期待ください!

せばまた!


**************************************
紅葉と温泉キャンペーン開催中!温泉
http://www.ink.or.jp/~kankou18/2018_koyo_cam/index.html

小坂町明治百年通りフォトキャンペーンも実施中!camera
http://www.akitafan.com/archive/events/26687

Facebookページのフォローもお願いします!
https://www.facebook.com/nonbiritankentai/  


Posted by のんびり探検隊3 at 12:00Comments(0)温泉

2018年09月14日

紅葉だ!温泉だ!スタンプラリーだ!

 こんにちは!ふっさんです!
 最近はとても涼しく、寝るときは長袖長ズボンの季節になって参りました。

 そんな今日この頃、待ち遠しいのが紅葉ですね!
 
 そしてそんな空気、ロケーションで入りたくなるのが温泉ですね!温泉
 
 そして紅葉×温泉で導き出される答えといえば・・・

 そう、スタンプラリーですね!


 というわけで、毎年恒例「紅葉と温泉キャンペーン」がやって参りました!
 \フーフー/ \待ってたぞー/ \やったわー/


 

 本キャンペーンは、秋田・岩手両県の計8市町30か所で展開されるスタンプラリーです。
 秋田エリアで1か所、岩手エリアで1か所、秋田・岩手どちらかで1か所の計3か所でスタンプを集めると・・・
 
 温泉宿ペア宿泊券十和田八幡平エリアの特産品が、計80名様に当たります!


 また、QRコードを読み込んで応募するモバイルスタンプラリーも同時開催!
 こちらは上記景品のほか、ブルートレインあけぼの宿泊券も加わり、合計20名様に当たります!


スタンプが設置されているのは以下の施設です!
※()はモバイルスタンプ設置施設
秋田県小坂町
 湖畔の駅十和田ふるさとセンター(
 道の駅こさか七滝(
 小坂七滝ワイナリー
 小坂鉱山事務所
 小坂鉄道レールパーク(
 十和田湖観光交流センターぷらっと(モバイルのみ)
 発荷峠展望台(モバイルのみ)

秋田県鹿角市
 八幡平ビジターセンター(
 道の駅かづの あんとらあ(
 JR鹿角花輪駅前観光案内所
 史跡 尾去沢鉱山(
 大湯ストーンサークル館(
 道の駅おおゆ(

秋田県仙北市
 玉川温泉ビジターセンター
 田沢湖観光情報センター「フォレイク」
 休暇村 乳頭温泉郷
 田沢湖ハーブガーデン ハートハーブ
 仙北市観光情報センター「角館駅前蔵」

岩手県八幡平市
 松尾八幡平ビジターセンター(
 八幡平山頂レストハウス(
 道の駅にしね(
 岩手焼走り国際交流村

岩手県滝沢市
 ビックルーフ滝沢観光案内所(

岩手県盛岡市
 いわて・盛岡広域観光センター(
 盛岡観光コンベンション協会
 盛岡手づくり村(
 つなぎ温泉観光案内所(
 石川啄木記念館

岩手県雫石町
 雫石町観光物産センター(
 鶯宿温泉観光協会(
 道の駅雫石あねっこ(
 網張ビジターセンター
 
 
 開催期間は9月15日~11月4日です!
 
 詳細はこちらをご確認ください!
 紅葉と温泉キャンペーン(外部リンク)

 ぜひぜひ美しい秋の景色と素晴らしい温泉をお楽しみください!
 せばまた!

Facebookのフォローもお願いいたします!
https://www.facebook.com/nonbiritankentai/  


Posted by のんびり探検隊3 at 08:00Comments(0)温泉四季

2018年08月09日

花輪戦でGO!【湯瀬温泉駅③】

 こんにちは!ふっさんです!

 ちょっと期間が空いてしまいましたが、
 今回は花輪戦でGO!【湯瀬温泉駅】編の最終回です!

 今までの内容はこちら。





 さて、さっそく湯瀬ホテルに突入です。

 ウィン。

 自動ドアをくぐると、思わず「うぉっ」と言ってしまいます。

 ロビーまでの通路は、まるで「異世界」
 あれ、ディズニーランドに来たんだっけ?というような感じです。

 ロビーはこんな感じ。


 ホール。

 暖炉がとってもお洒落です。

 ご家族でのお客様や、外国からのお客様もたくさんいらしていました!


 カウンターで受付を済ませ、渡り廊下へ。
 温泉は別の棟にあるんです。

 

 
 渡り廊下の中すらお洒落という徹底ぶり。
 

 温泉がこれまた最高なのですが、ここは流石に写真を撮れません。
 いくつかポイントを紹介すると、

 
 1.脱衣所がめちゃ綺麗・広いicon12
 2.浴場もめちゃ綺麗・広いキラキラ
 3.大浴場が深くて、段差に座るだけで肩まで浸かれる温泉
 4.木造の露天風呂がシックでお洒落face12
 5.その露天風呂の窓枠(ガラスはないです)が絵画の額縁みたいになっていて絶景が一枚の絵みたいになっている


 文字では限界があります・・・悔しいですface10
 特にあの階段を上った先にある露天風呂が最高なので、ホントおすすめです!
 ぜひご自分の目で、肌で、お確かめください!!!


 さて、温泉にも入ったところで少し散策。
 あいにく湯瀬ホテルそばからのびる散策路は、数日前の大雨で通行止めになってしまっていたので、逆の川沿いに。
 

 ホテル滝の湯さん(外部リンク)の方面です。

 地元の人がたくさん来ているようでした~


 川が涼やかで心地よいです

 遠くに見える、湯瀬ホテル

 
 さて、ぼちぼち日も暮れてきたので帰宅です。
 もう少し行けば、川の中から温泉が湧いているスポットがあったとか!
 今度の探検に持ち越しです!


 最高のロケーション、泉質の湯瀬温泉の最寄りの湯瀬温泉駅。
 次はどの温泉にいこうかなぁ温泉
 せばまた!

------------------------
キャンペーンもまだまだ実施中!

明治百年通りフォトキャンペーン(外部リンク)
大湯・十和田八幡平ぐるっとスタンプラリー(外部リンク)  


Posted by のんびり探検隊3 at 10:00Comments(2)自然温泉山・湖・滝etc

2018年08月03日

花輪戦でGO!【湯瀬温泉駅②】

 こんにちは!ふっさんです!
 今日は8月3日(金)、明日はついに「小坂七夕祭」(外部リンク)「ハンドメイドマーケットinブルートレインあけぼの」(外部リンク)が開催されますね!
 秋田市では竿燈、能代市では天空の不夜城なんかも始まっていて、アツい夏の雰囲気が高まっています!
 

 さて、そんな今日はあえて、前回に引き続き
 花輪戦でGO!【湯瀬温泉駅】編
 をお送りします!


 前回の内容はこちら。


 
 さて、さっそく温泉郷方面へ歩き出します。icon24
 歩くこと約1分。
 まず現れたのが


「和心の宿 姫の湯」さん(外部リンク)
 歴史と実績を兼ね備えた温泉宿です。

 
 その脇のいかにも温泉郷という雰囲気の下り坂を下りていくと、



 おそらく湯瀬温泉郷で唯一の商店が。


 往年の温泉郷感が漂っています。


 その商店の斜向かいくらいにあるのが

 「六助旅館」さん(外部リンク)です。  
 外からでもアットホームな雰囲気が感じられます。

 そこからさらに3分ほど歩いていくと、

 ドーン。

 高い建物が出現します。
 こちらが今回の目的地、「湯瀬ホテル」さん(外部リンク)です!


 東北自動車道からも一目でわかるオレンジ色が目を引きます。

 注:写真は国道282号線から。


 そして、よく見るとなんだか顔みたいで可愛い。



 湯瀬の川がすぐそばを流れています。

 この渡り廊下が今後キーマンになるとかならないとか。


 さて、それではついに温泉に入りましょう!
 と思いましたが紙幅の関係で今日はここまで。
 果たしてふっさんは本当に温泉に入ったのか!
 真実はいつも一つ!
 せばまた!

------------------------
キャンペーンもまだまだ実施中!

明治百年通りフォトキャンペーン(外部リンク)
大湯・十和田八幡平ぐるっとスタンプラリー(外部リンク)  


Posted by のんびり探検隊3 at 17:15Comments(2)その他温泉

2018年08月02日

花輪線でGO! 【湯瀬温泉駅①】

 こんにちは!ふっさんです!
 
 さて、本日はあの大人気企画の第2弾!


 そう、
 花輪線でGO! 
 です!

 (説明しよう!「花輪線でGO!」とは、私ふっさんが花輪線の各駅周辺を紹介する企画である。)
 第1回「十和田南駅」編はこちら。
 




 そんな第2回の舞台となるのは、「湯瀬温泉駅」!
 
 鹿角花輪駅から3駅。

 美人の湯として名高い湯瀬温泉郷の最寄り駅ですね!温泉


 さっそく鹿角花輪駅で切符を買って、 

 
 とりあえず駅前の山田商店さんでアイスを購入。
 看板メニューの大判焼き以外にも、お好み焼きやたこ焼き、アイスなども食べられます。しかも安い。
 電車の待ち時間に最高のお店ですね!


 
 さて、それではようやく旅のはじまりです。

 いつもの鹿角花輪駅。


 実は東北の駅百選に選ばれていたことを知る。


 今日もいいお天気です。


 はい、到着しました。
 15分210円。
 めちゃめちゃ近い。


 なんか可愛い駅です。


 駅を出ると正面には、


 空き家。
 駅徒歩5秒の好立地。
 ご検討してみてはいかがでしょうか。

 
 そしてついに温泉郷内部へ入っていくのですが、紙幅の関係でまた次回。
 (今回、湯瀬温泉駅周辺の話ほとんどしてない)
 
 次回、ふっさんは湯瀬温泉郷の温泉に辿り着くことができるのか!
 こうご期待!
 せばまた!

------------------------
キャンペーンもまだまだ実施中!

明治百年通りフォトキャンペーン(外部リンク)
大湯・十和田八幡平ぐるっとスタンプラリー(外部リンク)  


Posted by のんびり探検隊3 at 12:00Comments(0)その他自然温泉山・湖・滝etc