QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2019年07月18日

かづの果樹センターでブルーベリーを収穫しました♪

すーほです!

かづの果樹センターでブルーベリーの摘み取りと、選果のお手伝いをしてきました!icon12

この時期はブルーベリーの収穫時期で、まるまると実っていました!face05



ブルーチップ、ジャージー、あまつぶ星など・・・普段耳にしない品種ばかり!face08





ブルーベリーは鹿角地域でも栽培している果樹園さんがあり、直売所や摘み取り体験もやっていますので、是非気になる方は旬なブルーベリーを味わってください♪

かづの果樹センターでは、県果樹産業の振興のためブルーベリーの他、桃やりんご等の試験研究や果樹産業の担い手育成等を行っています。

そんなかづの果樹センターをより身近に感じてもらおうと令和元年7月27日(土)に参観デーが開催されます!拍手拍手拍手



センターでの研究成果のパネル展示や農機具の実演会の他、ブルーベリーの試食・摘み取り体験、My箸づくり教室などの企画も!お気軽にお越しください。
詳しくは次のとおりです。

【日時】令和元年7月27日(土)10時~15時
【場所】かづの果樹センター
https://goo.gl/maps/DDYv8wAew5bUCm2B7
【内容】
○農機具の実演会
○研究成果のパネル展示
○場内ぐるっとスタンプラリー
○ブルーベリー苗木・摘み取り体験
○ブルーベリー苗木のプレゼント
○よろず相談コーナー
○My箸づくり教室
○出店&農機具展示コーナー
【問合わせ先】
かづの果樹センター TEL0186-25-3231

また、かづの果樹センターでは鹿角市と連携して、鹿角地域の果樹を育てる作業サポーターを育成する「果樹栽培サポーター育成講習会」を開講しています。



現在も募集中ですので、興味がある方、体を動かすのが好きな方、地元に貢献したいという方、是非ご参加ください。
講座の開催は土日クラスと平日クラスがありますので、ご都合に合わせて参加できます。経験が無い方でもOKです。参加費は無料です!りんご
詳しくはこちらにお問い合わせください。

【問合せ先】
鹿角地域果樹産地協議会 事務局(鹿角市役所農林課こだわり作物推進室)
TEL0186-30-0243

以上、すーほでした!
  

Posted by のんびり探検隊3 at 14:14Comments(0)食べ物特産品・スイーツ

2019年07月12日

大湯のミステリースイーツ!

こんにちは!
ふっさんです!

今日は、大湯で見つけたミステリースイーツをご紹介します!



そもそもなぜ、大湯で「ミステリースイーツ」なのか。
(ミステリースイーツってなんだよという問いは置いておきます)


それは、大湯には不思議なパワースポットが多数あるからなんです!


まずは、「大湯環状列石」!
実は大湯には、日本最大級のストーンサークルがあるんです。
二つのストーンサークルの中心を結ぶと、夏至のころに太陽が沈む方向と一致するとか。
大湯環状列石を含む「北海道と北東北の縄文遺跡群」は、世界遺産登録に向けて頑張っています!

そんな大湯環状列石のお菓子がこちらです。

「大湯 ストーンサークル」
表面の模様は大湯環状列石の日時計状組石です。
しっかりめのお饅頭といった感じです。



次のスポットは、「黒又山(クロマンタ)」です!
大湯環状列石のほど近くにあり、UFOの目撃情報も多数寄せられているパワースポット。
山の形が人工的で、ピラミッドのように見えなくもない。
山頂に登ると、人工物感が強まるとか。

そんな黒又山のお菓子がこちらです。

「大湯 クロマンタ」
その形はさながらピラミッド。
くるみが乗っています。



最後にご紹介するのが、私おすすめの「土版」です。
土版は、大湯ストーンサークル館に展示されている出土品で、とてもキュートな見た目をしています。
目や口のように見える穴があいていますが、これは縄文人が数を数えていたということなのかもしれないということです。
最近は「どばんくん」というキャラクターが私の周辺ではブームになっています。

そんな土版のお菓子がこちらです。

「手づくり どばんくん」
どばんくんを忠実に再現した、ほどよい甘さのクッキーです。
どばんくんファンは必ずチェックしておきたい一品です。


さて、大湯のミステリースイーツ、いかがでしたか?
すべて食べれば不思議な力に目覚めるかも。キラキラ

これらのお菓子は、道の駅おおゆで販売されていますので、ぜひチェックしてみてください!

せばまた!

  


Posted by のんびり探検隊3 at 14:25Comments(0)食べ物特産品・スイーツ

2019年06月18日

大湯でアツいのは温泉だけじゃないシリーズ【Kura Wine Oyu】

こんにちは!
ふっさんです!


タイトルのとおり、今回お届けするのは大湯のアツい情報!
このシリーズがどこまで続くのかは神のみぞ知るところではありますが、まずは第1弾!


先日6月15日にプレオープンしたばかりの、

「Kura Wine Oyu」(外部リンク)さんです!!!



「Kura Wine Oyu」は、鹿角初、東北でもあるかどうかというような、オーガニックワインショップ&ギャラリー!cocktail

オーガニックワインとは、有機栽培のブドウから作られたワインのことで、近年、日本でも注目が高まりつつあるワインです。


そんな注目すべきお店のプレオープン初日に、突撃してきました!クラッカー



「Kura Wine Oyu」があるのは、大湯の下ノ湯共同浴場のほど近く。
江戸時代に建てられた蔵がお店になっていて、入る前からワクワクします。face02


中に入ると・・・



モダン・・・!!!(表現が正しいと感じるかには個人差があります。)


蔵そのものや調度品の数々からは日本の古き時代を感じることができる一方で、商品はもちろんのこと全体の雰囲気から感じられるのは洋風な古き時代。
なんと代表の諏訪さん自らが壁をはがしたりDIYしたりして完成させたという力作なんです!

これが和魂洋才か・・・!!!(表現が正しいと感じるかには個人差があります。)


蔵に眠っていたという品々。


各国のオーガニックワインが並ぶ。


ワイン以外のこだわり商品も。


オーガニックワインと聞くと高そうなイメージですが、そんなことはありません!
1,000円代のお手頃価格のものも!
様々な価格帯のワインがあるので、お店の方にお勧めを聞きながら購入するとよいと思います!

お店を開かれたお二人もとっても素敵な方なので、ぜひお話してみてください!


さて、そんな「Kura Wine Oyu」さんは、6月は土日の13時~18時までプレオープン。
7月から本格オープンとのことです!


今後どんどん商品も増えるということで、さらに楽しみですね!
せばまた!

【Kura Wine Oyu】
鹿角市十和田大湯字下ノ湯50番地
  


Posted by のんびり探検隊3 at 08:00Comments(0)食べ物町の話題

2019年03月15日

としま農園のアイスが最高にクールな件(アイスだけに)

こんにちは!
ふっさんです!

今回は先日発売された、としま農園さんのアイスをご紹介します!

それがこちら、「甘酒アイス(Amazake Ice)」です!


商店街の酒屋さん、関小市商店さんで購入です。


まずは一口。
シャリシャリの食感は、りんごの豊かな風味が口いっぱいに広がりますりんご
印象としては、アイスよりもシャーベットに近いかも。

そして、そこはかとなく感じる優しい甘味。
それはきっと、淡雪こまちの甘酒効果。

なんとこちらのアイスは、鹿角のお米と鹿角のりんごから作られているんです!



ふたを開けるとこんな感じ。


されに驚くなかれ、卵や牛乳・乳製品不使用!
アレルギーをお持ちの方でも安心して食べることができます。


甘酒を使用してはいますがアルコールは0%!
子どもでもドライバーでも問題ありません。


現在は、私も購入した関小市商店さんか、道の駅かづの あんとらあにて販売されています。
4月からは道の駅おおゆでも販売予定。
鹿角にお越しの際は、ぜひ味わってみてください!


詳しくはこちらのリンクから!
鹿角いいね!(外部リンク)



鹿角の魅力がいっぱい詰まった新商品。
これからもどんな商品が産まれるのか、楽しみですね!
せばまた!  


Posted by のんびり探検隊3 at 17:09Comments(0)食べ物特産品・スイーツ

2019年02月15日

祝40周年!ドライブイン両国

こんにちは!
ふっさんです!


今日は、地域に愛され40年!
ドライブイン両国についてです!


湯瀬と八幡平の間くらいにあります。


「ドライブイン」という言葉、聞きなじみのない方もいるかもしれません。

道路沿いにある食堂みたいなイメージです。


鹿角には「八幡平ドライブイン」、「寿ドライブイン」、「ドライブインヨッホー」といったドライブインがあります。
それぞれに特徴があるのですが、「両国ドライブイン」不動の一番人気と言えばこちら!


キムチラーメンです!noodle


真っ赤なスープはとても辛そう!
に見えますが、実はそんなに辛くない!

甘口ではないけれどもほどよく辛い、やさしい辛さといった感じです!
生卵がいい仕事しています!


すなわち美味い!!!



ほかにも馬肉の煮込み定食マーボーラーメンなどの名物料理がいくつもあるので、何回でも立ち寄ってしまいます!


そして、そんな両国ドライブインヘビーユーザーに朗報が!

なんと40周年を記念してポイントカードができました!
1回来店すると1ポイント貯まり、12ポイント貯まると500円割引に!


寒い季節はキムチラーメンで温まり、暑い季節はキムチラーメンで汗をかきましょう!
せばまた!
  


Posted by のんびり探検隊3 at 17:56Comments(3)食べ物食堂

2019年02月12日

大湯の朝市には味噌つけたんぽ職人がいる

Facebookページのフォローもお願いします!
https://www.facebook.com/nonbiritankentai/
**************************************



こんにちは!
ふっさんです!

突然ですがみなさん、「きりたんぽ」と「たんぽ」の違いはご存知ですか?


それは読んで字のごとく、切っているのかいないのか!



なぜ「たんぽ」というのか?
作り方でよく聞く「ハンゴロシ」って?

とかいう疑問は『なんも大学』さんの記事が素晴らしいのでご参照くださいm(_ _)m

なんも大学「きりたんぽって?」(外部リンク)



前置きがだいぶ長くなってしまいましたが、今回取り上げるのは「味噌つけたんぽ」!

鹿角は「たんぽ」発祥の地だけあって、「味噌つけたんぽ」は道の駅かづので販売されていたり、同じく道の駅かづのや中滝ふるさと学舎では、手作り体験ができたりします。
イベントやお祭りでも、必ず出店をみかけます。


そんな味噌つけたんぽですが、それぞれ味噌や焼き方などが違っていて、味がけっこう違うんです。


そして、中でも私が一番オススメするのが、大湯の朝市で食べられる味噌つけたんぽです!


最強の焦げ目。


大湯の朝市は、毎月4と9のつく日(つまり、4日、9日、14日、19日、24日、29日)に、道の駅おおゆで開かれている朝市です。
お魚や野菜などが販売されている中に、その味噌つけたんぽはあります。


朝8時半ころから開店するそのお店は、おばちゃんが一人で切り盛りしています。
なんでもおばちゃんの母親の代から受け継がれている味なんだとか。


鹿角産あきたこまち100%をハンゴロシにし、一つ一つ手作業で形作っているとのこと。
塗る味噌は地元の味噌屋さん、浅利佐助商店さんのもの。
すべて地元のものにこだわって作っているというのも職人の証し。


目の前で焼き上げられる味噌つけたんぽ。


まず一口。
お米の粒がわかるふんわり具合は、丁寧に手作業でつくっているからこそ。
味噌もちょうどいい甘さで、飽きが来ない味わい。
これはまさに職人業


気づいたら一本無くなっている不思議体験。
私、まさかの4本いただいてしまいました。笑


味もさることながら、朝市のおもてなしも半端ない。
焼きを待ってる間にこたつをすすめてもらったり、おばちゃんは気軽に人生相談に乗ってくれたりもします。


とにかく美味しいたんぽが食べたい!
人生に迷っている!


そんなあなた、4と9のつく日にしか食べられない極上の味噌つけたんぽを食べに、大湯へいらしてみてください!

せばまた!  


Posted by のんびり探検隊3 at 16:38Comments(0)食べ物地元の食材

2019年02月01日

花輪線を見ながら食べる最高のパスタ【スウィートバジル】

Facebookページのフォローもお願いします!
https://www.facebook.com/nonbiritankentai/
**************************************

こんにちは!
ふっさんです!

今回ご紹介するのは知る人ぞ知るイタリアンの名店。
スウィートバジルです!食事



スウィートバジルがあるのはJR花輪線「十和田南駅」のすぐ裏!

国道282号線からも、ヒュッと細道に入ると突き当りにあります。


後ろがすぐ十和田南駅。



さっそく入店。


店内からも線路が見えます。


今回注文したのは、



まず一番人気と書いてあった「鶏レバーのラグーパスタ」
私はレバーが苦手なんですが、「一番人気」と言われて注文しないわけにはいきません(単純)。


実食。
味は、胡椒と思われるスパイスがしっかり効いていて、少しスパイシー
レバーも、あのもさもさした感じがなく、パクパク食べられました。
レバーとパスタの味のバランスがちょうどよく、またボリュームもあって、大満足でした。face02


そして、デザートに


「カフェゼリーonパンナコッタ」


まず思ったのが、でかい
まずはコーヒーゼリーとパンナコッタを別々で食べます。
コーヒーゼリーはほどよい苦みで、正直これだけでも十分

しかし!
その考えはパンナコッタを食べることで覆されるのです。
しっとりとした甘さを感じるパンナコッタは、正直これだけでも十分


そんな「正直これだけでも十分」同士を組み合わせることで生まれるものは、そりゃあもう十分過ぎるものになることは火を見るよりも明らかです。

パンナコッタはしっかり詰まっているので、ハーフサイズでも満足できるのではないかなと思います!



そして最後にこれだけは伝えたいというポイントがもう一つ。



オーナー?がめちゃくちゃいい人!!!


すごくアットホームな雰囲気なのに近すぎるわけでもない、絶妙な距離感の接客。

おかげさまで、とても心地いい時間を過ごすことができました。face12



オーナー?の優しさを感じるためにまた行きたいと思うくらいのスウィートバジル。
まず一度行ってみて、食べてみて、感じてみていただきたいです!
せばまた!


おまけ

夜の十和田南駅
  


Posted by のんびり探検隊3 at 08:00Comments(0)食べ物食堂

2019年01月28日

「風車の家」に行ってみよう!【中滝ふるさと学舎】

Facebookページのフォローもお願いします!
https://www.facebook.com/nonbiritankentai/
**************************************

こんにちは!
ふっさんです!


全編秋田ロケで撮影された映画『デイアンドナイト』
みなさんご覧になられましたでしょうか?


劇中でも特に重要な場所となっているのが、児童養護施設「風車の家」

この「風車の家」、鹿角市にある中滝ふるさと学舎で撮影されているんです。


というわけで今回は、『デイアンドナイト』の主要ロケ地、中滝ふるさと学舎からお届けします!





こちらが中滝ふるさと学舎。

という写真を撮ったつもりだったのですが、見つからず(不覚)
映画でご確認くださいicon10


ちなみに中滝ふるさと学舎は、旧中滝小学校を活用した体験施設で、きりたんぽ鍋づくりやピザづくり、滝めぐりツアーなど、様々なメニューを楽しむことができます。

中滝ふるさと学舎についてはこちらから(外部リンク)



中はこんな様子。



何度も見ている廊下も、映画を見た後では「おー」という気持ちになるから不思議。


廊下を突き当り、左に曲がるとあるのが森のカフェこもれび


劇中でも重要なシーンが繰り広げられた、風車の家の食堂です。


黒板に書かれたメニュー表。


明石が立っていた厨房。


そんなカフェで私が注文したのがこちら。




その名もデイアンドナイトカレー!

ターメリックライスで太陽晴れを、ルーで月三日月をかたどり、デイ(昼)とナイト(夜)が表現されています。
中辛くらいですが、おそらくスパイスから来るのだと思われる辛さは、ただ辛いのではなく旨みを感じる辛さとなっています。
見た目や話題性だけではなく、味のクオリティもかなり高いです。face02



かわいい小鉢もうれしい。

そして注目はやはりソーセージ
なぜソーセージが入っているのか知りたい方は、ぜひ映画をご覧ください!


また、北村の部屋と、奈々の部屋を再現したセットも公開されています!


こちらが奈々の部屋。


絵筆や行事予定など、細かい小道具に心躍ります。


また、北村の部屋には「あの書類」があったり・・・

セットを見た後にはまた映画を観たくなること間違いなしです!



こいつも佇んでいます。

さらに、ロケ中の写真展も!


コモッセで開催中の写真展と併せてご覧ください!


そんな中滝ふるさと学舎も訪れるロケ地ツアーが開催されます!
ロケ中の秘話も聞けるかも!?

詳細はかづの観光物産公社までお問い合わせください!
『デイアンドナイト』ロケ地めぐりツアー(外部リンク)


ぜひ、中滝ふるさと学舎で映画の余韻を感じてください!
せばまた!  


Posted by のんびり探検隊3 at 12:11Comments(0)食べ物その他町の話題観光施設

2018年12月21日

小坂七滝ワイナリー「クリスマスヌーヴォー2018」!

こんにちは!
ふっさんです!

いよいよ明日はクリスマスマーケットin小坂2018の最終日!






「クリスマスマーケットin小坂2018」についてはこちらから!(外部リンク)


「小坂町明治百年通りフォトキャンペーン」も今月まで実施中です!(外部リンク)camera



そしていよいよクリスマスですね!クラッカー


そんな聖なる3連休にぴったりな、こんなワインをご存知ですか?


それが・・・小坂七滝ワイナリーの「クリスマスヌーヴォー2018」です!



今年の「クリスマスヌーヴォー」はロゼの2種類。
どちらもクリスマスの料理にピッタリ合うような甘口です。
さらに、知る人ぞ知る「フリーラン果汁」100%による仕込み。


(説明しよう!「フリーラン果汁」とは、ぶどうを砕いたときに自然に流れ出る果汁のことである!)
(ちなみに、圧搾機を使用して人工的に絞り出した果汁は「圧搾果汁」と言う!)


「自然に流れ出る果汁」。響きがもう美味しそうですね!
実際、フリーラン果汁100%というと大変贅沢な仕上がりなのですが、とりあえず飲めば違いがわかるはず!
そして飲んだら一言、「やっぱりフリーランは違うな」と言えば、あなたも今日からワイン通です!


さて、そんな「クリスマスヌーヴォー」は明日のクリスマスマーケットでももちろん販売されていますよ!
昨年はわずか3日で完売した伝説のワイン・・!
今年は増産して対応しているとのことですが、お求めはお早めに!


「クリスマスヌーヴォー2018」についてはこちらから!(外部リンク)


今年のクリスマスは小坂のワインで乾杯!cocktail
せばまた!

**************************************
小坂町明治百年通りフォトキャンペーン実施中!(今月まで!)camera
http://www.akitafan.com/archive/events/26687

Facebookページのフォローもお願いします!
https://www.facebook.com/nonbiritankentai/  


Posted by のんびり探検隊3 at 17:12Comments(0)食べ物地元の食材

2018年12月20日

地底の神秘

こんにちは!
ふっさんです!


鹿角にある日本最大級の鉱山跡、史跡 尾去沢鉱山はご存知でしょうか?

高くそびえる煙突がかっこいい(ちょっと遠い)


古くは奈良時代に発見されたと言われ、かつては金山・銅山として栄えた国内屈指の鉱山です。
1978年に閉山となったのち、現在では観光坑道として整備されて、当時の様子をほとんどそのまま残した坑道内を見学することができます。

これが人工だなんて・・・


これ、みんな、人形なんだぜ・・・

予約ツアーでは外の施設見学も可能です。(冬季休止)
また、砂金採り体験などもでき、家族で遊べる廃墟となっています。face02
 

そんな坑道内の一角に、こんな場所があります。



これ、なんだかわかりますか・・?



ズームすると・・・


お酒なんです!


実は尾去沢鉱山、日本酒やワインの貯蔵庫としても使われているんです。
一年を通して13度に保たれている坑道だからこそ成せる技ですね。
ちなみに、申し込めば個人のお酒も貯蔵することができますよ!



さて、そんな坑道内で1年以上じっくりと熟成されたお酒。
それが、「坑道(みち)熟成大吟醸 地底の神秘」です!



千歳盛さんがつくっているこちらのお酒。
一口含むと体中に広がる坑道感
その味わいはまさにシュリンケージ掘削法のようにあなたの心を穿つでしょう。

ちょっと何言ってるかわからないという方は、まず尾去沢鉱山を歩いてみてから地底の神秘を飲んでください。
それでもわからなくても苦情は受け付けません。face03


さて、そんな地底の神秘はネットでも購入することができますが、やはり尾去沢鉱山で熟成されている様子を見てから売店で購入するのがオススメ!
ぜひ、地底で熟成されたお酒を味わってみてください!
せばまた!

史跡 尾去沢鉱山についてはこちらから!(外部リンク)


**************************************
小坂町明治百年通りフォトキャンペーン実施中!(今月まで!)camera
http://www.akitafan.com/archive/events/26687

Facebookページのフォローもお願いします!
https://www.facebook.com/nonbiritankentai/  


Posted by のんびり探検隊3 at 08:00Comments(0)食べ物観光施設